06.png

facebook.pngyoutube.png

b-1.pngb-1.pnga-1.pnga-1.pngf-1-1.pngf-1-1.pngd-1-1.pngd-1-1.pngk-1.pngk-1.pnge-2-2.pngc-1.pngc-1.pngh-1.pngh-1.pngi-1.pngi-1.pngj-1.pngj-1.png

HOME > エリアマップ

06.png

16NJ会場地図_ol_2.ai

エリアマップ

サブキャンプ、成人生活エリア

 参加隊が生活をするエリアです。複数のサブキャンプに1つの共同施設をハブ(仮称)として設置します。ハブには、救護所、売店等の生活に必要な共同施設があります。サブキャンプには、給排水設備、トイレ、シャワー、また、各参加隊・参加者が共有する広場などもあります。
 また、大会運営スタッフや派遣団本部員等の成人のためのサブキャンプ1カ所を設置します。

プログラムエリア

①モジュールアクティビティ
 モジュールアクティビティの実施場所を場内に3カ所(1日プログラム1カ所、半日プログラム2カ所)設けます。
②信仰と信条
 信仰と信条の実施場所として、各教宗派による展示や祈りの場を設けます。

アリーナ

 各セレモニーを実施するアリーナを、きらら博記念公園内のスポーツ広場に設ける予定です。

APR/世界スカウト・センター

 各国連盟や都道府県連盟によるスカウト運動の紹介・展示するスペースと各派遣団の本部機能を持たせる場所です。

プラザ

参加者と見学者に向けた商業施設として、次の売店・食堂を設けます。

  • 大会記念品、キャンプ用品等を扱うスカウト用品売店
  • 参加者の生活に必要な生活雑貨や飲料等の日用品、地元物産品、郵便・宅配・外貨両替・ATM・国際公衆電話等のサービス等を扱う一般売店
  • 見学者に向けた軽食や弁当等を扱う一般食堂

大会本部地域

 大会本部の業務・運営に必要な事務所機能、会議所、倉庫を備えた大会本部地域を設けます。大会本部の事務所機能や会議所は、各派遣団も利用できます。

会場の概要、気候

地勢・面積

 会場のきらら浜は、農業用地として干拓整備されたものであるが、その後、都市的土地利用を促進することを目的に、平成13年(2001年)開催の「山口きらら博」の会場として利用され、現在では、子どもから高齢者までが、スポーツや健康づくり、レクレーションを通じた交流や自然観察等のできる各種公園を備える公有地です。
 多目的ドームや水泳プールを有する「きらら博記念公園」、野鳥観察等のできる「きらら浜自然観察公園」、現在整備を進めている「防災公園(仮称)」の他、駐車場、多目的グラウンド、民間活用エリア、利用調整エリア等の約250haをジャンボリー会場として利用します。
 きらら浜全体は、港湾浚渫土、建設残土等で造成され、表面部は真砂土で覆土されています。風光明媚な瀬戸内海に面した水面埋立地で、公園エリアを中心に水や緑の豊かな自然環境を有する平坦地です。

気候

 山口市の過去5年間の8月の気候は、平均気温27.9℃(最低24.3℃、最高32.9℃)、また平均降水量は153.7㎜(一日最大53.2㎜、時間最大19.9㎜)です。晴天の多い地域で開催時期は暑さが厳しく、瀬戸内式気候で強い風と夏の夕なぎが顕著です。

dv.png
デイビジター(日帰り見学)のご案内はこちら

sfh.png

大会情報

16nj_05.jpg

 ブリテン(Bulletin)は各国・各県連盟とその派遣団を対象に、大会参加に向けた準備に必要な情報を提供することを目的として発行します。大会前までに5回の発行を予定し、毎号、最新の情報を提供していきますので、ホームページで公開される情報に加えて、準備に活用してください。

詳しくはこちら(メディア&ダウンロード)

op_kirara.png

23wsj.png

特設サイトはこちら

日本ロゴカラー2.png