メンバー向け情報

青少年プログラム

 ボーイスカウト日本連盟は、第38回世界スカウト会議の決議(No.22/08)に基づき、世界環境保護バッジ(通称パンダバッジ)に代わり、世界スカウト環境バッジを導入することといたしました(※平成24年3月4日スカウト教育推進会議承認。施行日:平成24年4月1日)。スカウト(カブスカウト以上)を対象とする世界スカウト環境バッジは、WOSM推奨の環境プログラムを5つ履修するか、該当するチャレンジ章/ターゲットバッジの細目を履修した後、各団・地区・県連盟が計画し実施する環境プロジェクト、あるいは日本連盟が主催する環境に関するプロジェクトに参加することで取得できます。

世界スカウト環境バッジの交付手続きの改正について

平成26年1月全国県連盟コミッショナー会議で取得促進を図るためにも交付手続きの簡便化の提案があり、平成26年4月開催のプログラム委員会で検討し、その結果を平成26年5月11日開催のスカウト教育推進会議に提案し、教育規程施行細則1―8-1環境教育(6)認証・交付申請・授与が、下記の通り承認され、平成26年5月11日から施行されます。

●教育規程施行細則1―8-1環境教育(6)認証・交付申請・授与

現行規程
世界スカウト環境バッジは、隊長の認証と団委員長の申請により、県連盟が交付する。授与は所属団においてこれを行う。
改正規程
世界スカウト環境バッジは、隊長が認証し、団委員長に申請する。授与は所属団においてこれを行う。
改正点
取得促進のため交付手続きを簡便化した
施行日
平成26年5月11日 (日本連盟コミッショナー承認) 
備 考
WOSMのプログラムのため、県連盟で取得者数の把握をお願いします。

世界スカウト機構が設定しているバッジの取得要件

①世界スカウト機構が推奨する5つの分野における環境プログラムを履修する。

「人と自然界がきれいな空気と水を備えていること」を理解する。

「自生の動植物が生きていくための充分な生息地があること」を理解する。

「人と環境に対する有害物質の危険性を最小限にすること」を理解する。

「環境に対して最も適切な行動を実践すること」を理解する。

「環境被害や自然災害に備えること」を理解する。

②今まで学んできたことや地域社会の環境に関連する環境プロジェクトを実施する。

 基本的には、上記の要件を満たすプログラム/プロジェクトを企画し実施することでバッジを取得します。高度なプロジェクトを実施することが期待されるベンチャースカウト/ローバースカウト年代のスカウトには、是非積極的にプロジェクトを企画し、バッジの取得を目指していただきたいと考えています。
 これに対し、カブスカウト/ボーイスカウト年代のスカウトにとって、このままでは取り組むのが難しい内容となっている部分があります。このことから、各団・隊において上記の要件を満たすプログラム/プロジェクトを企画し実施することだけではなく、世界スカウト機構が定める要件と同等の教育効果を持つチャレンジ章/ターゲットバッジの細目を履修することでもバッジを取得できるようにしています。

バッジの取得方法

カブスカウトで取得する場合

ボーイスカウトで取得する場合

ベンチャースカウト/ローバースカウトで取得する場合

※VS/RSの方法で、CS/BS年代のスカウトがバッジを取得することも可能です。

着用部位

教育規程施行細則1-8-1(4)世界スカウト環境バッジ着用部位に関する教育規程が下記の通り改正されております。

制服左胸ポケットの上方とする。ただし、タスキを着用するスカウトは、それぞれ、タスキに着用することができる。

<改正理由>現行規定では、タスキへの着用が優先されているが、本連盟はスカウト教育における環境教育の重要性を認識し、環境学習プログラムを開発して提供するとともに、環境調査、環境保全等の活動を奨励していることを鑑み、取得がわかるように制服への着用を優先とすることに改める。
<平成24年11月11日施行>

Q&A

よくある質問をまとめました。

詳しくはこちら

各種資料、申請書

カブスカウトが世界スカウト環境バッジを取得する場合

(PDF)

ボーイスカウトが世界スカウト環境バッジを取得する場合

(PDF)

ベンチャースカウト/ローバースカウトが世界スカウト環境バッジを取得する場合

(PDF)

世界スカウト環境バッジ履修状況チェックリスト(CS用)

(PDF)

世界スカウト環境バッジ履修状況チェックリスト(BS用)

(PDF)

世界スカウト環境バッジ履修状況チェックリスト(CS・BS・VS・RS 全部門共通)

(PDF)

世界スカウト環境バッジ交付申請書

(WORD)(PDF)

ページの先頭へ