メンバー向け情報

英国エディンバラ公 国際アワード

ローバースカウト部門に、自己啓発の目標となり、部門の活性化につながるものとして、本アワードをプログラムの1つとして提供することになりました。
個人がサービス、スキル、フィジカル・レクリエーション、アドベンチャラス・ジャーニーの4 つのセクションにおいて目標設定を行い、進捗を記録していきます。
140 以上の国と地域で展開されており、世界的にも認められているアワードですので、対象者はぜひ挑戦してください。


アワードリーダー登録はこちら

上記をクリックすると各項目まで移動します。

「英国エディンバラ公国際アワード」とは

名称
The Duke of Edinburgh’s International Award
日本では「英国エディンバラ公国際アワード」とする。
歴史
1956年、英国のエリザベス女王の夫である、エディンバラ公フィリップ王配殿下の提唱により世界レベルの青少年育成プログラムを目指して「The Duke of Ediburgh’s Award」としてスタートした。現在は、143の国と地域で実施されており、今日までに800万人以上の若者がアワードに挑戦した(2012年では20万人以上)。
2013年に世界的なシステム変更があり、上記名称となった、
目的
個々の青少年が累進的な自己開発プログラムにより、有為の人生を送るうえで必要な能力を高める。
対象年齢
14歳~24歳だが、ボーイスカウト日本連盟 では、18歳以上24歳以下のRS(同年代の指導者も含む)を対象とする。
但し、25歳の誕生日前にアワード修了が可能な者。
アワードの特徴
アワードは「賞」で、これを受賞するための取得要件(プロセス)を「プログラム」として提供し、アワードリーダー等の支援を受け、各個人が挑戦する。参加者は、ボーイスカウト日本連盟を通して申請する。
アワードの仕組み
アワードは、一人ひとりが4つの活動分野への継続的挑戦により授与される。

3つのレベルの挑戦

  • ブロンズ(銅) 最低6か月の挑戦
  • シルバー(銀) 最低12か月の挑戦
  • ゴールド(金) 最低18か月の挑戦

どのレベルからでも挑戦できますが、シルバーおよびゴールドへの挑戦を推奨します。

4つの活動分野

  • 1.サービス(The Service Section)
    • どうしたら社会に貢献できるか、また、他の人々への有効な奉仕活動を行うことを実践により学ぶ。
  • 2.スキル(The Skill Section)
    • 個人の興味や関心(趣味)を探る活動、創造的で実践的な技能を獲得する活動への挑戦。
  • 3.体育レクリエーション(The Physical Recreation Section)
    • スポーツ等の身体的なレクリエーションを通じて肉体の可動性を試し、鍛錬することで健全な身体育成を目指す。
  • 4.冒険の旅(The Adventurous Journey)
    • 見知らぬ土地の自然のなかで探検することで、チャレンジ精神や探究心、過酷な環境でも生活できる自信を養う。(ゴールドレベルのみ「レジデンシャル・プロジェクト」あり)

アワードの認証

<最低挑戦期間終了>

  • →個人の進歩の評価。評価は研修を受け、認定された「アワードリーダー」が行う(個々人の上達、意欲、努力を評価)。

<すべての分野を達成>

  • →アワード獲得と判断される
  • →アワード授与式で、バッジと証書を授与。
  • バッジは制服に着用することができます(平成26年4月1日施行)。詳しくはこちら(PDF)

<参加対象>

ローバースカウト及び同年代の指導者(18歳以上24歳以下で、25歳の誕生日前にアワード修了が可能な者)

参考資料:アワード概要(PDF)

<スカウトのアワード取得の流れについて>

手 順

  1. エントリーにあたり、WEBに掲載されているアワードリーダー情報より、自らアワードリーダーを探し、各々が依頼する。
  2. 参加者は、アワードに取り組むための申請書をウェブ(日本連盟内サイト)からダウンロードする。
  3. 参加者は、申請書を作成し、アワードリーダーへメール(又は郵送)にて発信する。そして、所属団の隊長が確認した後、申請書データを日本連盟事務局へ送信をすると共に参加費を納入する。
    • 日本連盟は、入金確認後、参加者にスターターキットを直送すると共に、県連盟事務局へ参加者の情報を通知する。
    • 日本連盟は、アワード日本事務局に参加者リストを提出する。
  4. 参加者は、スターターキット受領後、アワードリーダーとプログラムについて相談し、プログラムをスタートする。活動する際は、必ず隊長に計画書を提出することとする。
  5. 活動記録を付け、指導者(担当者、コーチ)に確認をもらい、アワードリーダーの認証を受けていく。

参考資料:取得の流れ(PDF)

総体図

参考資料:取得方法について(PDF)

<参加費用について>

平成28年4月1日より、下記の金額に改定となりました。

参加費

 ブロンズ:3,000円(税込)
 シルバー:5,000円(税込)
 ゴールド:7,000円(税込)

レベル更新費

 ブロンズ:1,500円(税込)
 シルバー:2,500円(税込)
 ゴールド:3,500円(税込)

各種資料

アワード紹介

①歴史

(PDF)

②理念

(PDF)

③指針

(PDF)

④強みとメリット

(PDF)

⑤3つのレベルと4つのセクション

(PDF)

⑥年齢条件、別のレベルへの挑戦、時間的要件

(PDF)

⑦アワードリーダー、評価担当について

(PDF)

①~⑦

(PDF)

参加にあたって

取得の流れ(登録方法、参加費について)

(PDF)

アワードリーダー 一覧

(PDF)

登録用紙(平成28年7月1日更新)

(WORD)

アワード計画書

(WORD)
記入例(PDF)

参考資料

取得方法について

(PDF)

アワード概要

(PDF)

アワードバッジ着用位置(平成26年4月1日施行)

(PDF)

ページの先頭へ