メンバー向け情報

メッセンジャーズ・オブ・ピース

メッセンジャーズ・オブ・ピース(MoP)とは?

世界スカウト財団から資金提供を受け、「ギフト・フォー・ピース」を更に発展させた「平和運動への取組み活動」として、2011年9月に始まった世界スカウト機構(WOSM)主催事業です。

詳しくはこちら(世界スカウト機構、メッセンジャーズ・オブ・ピースについて(日本語訳版)

当連盟としては、この事業を通し、スカウトや指導者が平和について考え、戦争や環境破壊、差別、いじめ等、平和を阻害する問題への意識を高め、スカウティングの「よりよい世界を創ろう」という目標の達成を目指した活動を改めて実践していく機会として、取り組むことといたしました。
この事業では、「MoPグローバルネットワーク」を通じて、各国、各自のプロジェクトをインターネット上に登録表示することにより、世界のスカウト達とプロジェクトの情報交換が可能となり、自分たちのプロジェクトを更に深めることができると共に、新たな国際交流のきっかけともなります。そして、「グローバルサポードファンド」を活用することで、プロジェクト実施に際しての財政的支援を受けることも可能です。

※各項目についての詳細はページ中部をご覧ください。

メッセンジャーズ・オブ・ピース事業取り組み概要

日本連盟においての、プロジェクトの概要と取り込み方法についてです。プロジェクトを始める前にこちらをお読みください。

詳しくはこちら

メッセンジャーズ・オブ・ピースはグローバルネットワークとグローバルサポートファンドの2つで構成されます。


MoPグローバルネットワーク

ソーシャルメディアを活用しプロジェクトをインターネットを通じて登録できます。登録すると、Googleマップ上に赤い点となって表示され、他のスカウトがその赤点をクリックするとそこで実施されているプロジェクトの内容がわかるようになっています。
世界中のスカウト達がプロジェクトの情報を交換したり、協力したりすることでネットワークが広がり、最終的にはGoogleマップが赤い点で埋まることを目指しています。ギフト・フォー・ピースは110カ国、1,000万人が参加したが、MoPは2022年までの10年間で2,000万人(以上)の参加を目標としています。グローバルネットワークにはすでに12,000のプロジェクトが登録されています。

詳しくはこちら

グローバルサポートファンド


グローバルサポートファンドには事業全体への寄付3,700万ドルの内、2,500万ドルが提供されています。この基金は各国連盟の能力を強化し、より貧しい国々のスカウトが地域に変化をもたらす活発な活動の実践を可能にします。この基金は、地域事務局を通じ、プロジェクトマネージメントツールによって管理され、これを用いて世界事務局と世界スカウト財団はプロジェクトの運営をサポートします。


A.個人・班・隊・団・地区・県連盟での申請方法はこちら
B.宗教章授与基準設置教宗派が組織する全国的なスカウト協議会での申請方法はこちら

各国での取組状況


他の国で行われているメッセンジャーズ・オブ・ピースの取り組み事例です

詳しくはこちら

メッセンジャーズ・オブ・ピースとは?(WOSM資料、日本語翻訳版)

(pdf)

メッセンジャーズ・オブ・ピース事業取り組み概要

(pdf)

メッセンジャーズ・オブ・ピース グローバルネットワーク登録手順

(pdf)

メッセンジャーズ・オブ・ピース「グローバルサポートファウンド」申請手順

(pdf)

教宗派用 (pdf)

メッセンジャーズ・オブ・ピース「グローバルサポートファンド」申請(表紙)

(doc)(pdf)

教宗派用 (doc)(pdf)

Grant Application Form(日本語版)

(doc)(pdf)

Guidelines - Support Fund(英語版)

世界スカウト機構「メッセンジャーズ・オブ・ピース」HP内

各国の取り組み状況

(pdf)

ページの先頭へ