NEW UNIFORMS

新制服

在庫の欠品について

昨年9月発売の新制服ですが、当初の予測を大きく上回るご好評をいただき、欠品中の品目が出てきております。皆さまには大変ご迷惑をお掛けており、大変申し訳ございません。

 

一般財団法人ボーイスカウトエンタープライズ

欠品・入荷情報はこちら>

CONCEPT

コンセプト

STORY

変更にあたって

平成22年に行ったアンケートでは、70%の人が制服の再検討や、一部検討等を希望しており、現在の制服に関して問題点があるという割合は全体の60% 以上でした。また、「街中でボーイスカウトの姿が消えた」という意見を加盟員以外の方から寄せられることも多くあります。これは、加盟員数の減少も影響していますが、制服の象徴性の低下や、デザイン性の問題から、集会に行き来する際に制服を着用しないことも原因になっています。また、現在の制服は経済面での負担が大きいともいわれています。

こういったことを受け、スカウト運動を活性化し、さらなる発展を目指して、活動しやすく、ボーイスカウトというブランドを再び社会へ定着させ、新たな加盟員の増加を期して制服の改定を行うことになりました。

 

02

より

良いもの

×

経済的

現在の制服に比べ、動きやすく、しわになりにくく、さらに活動に適した素材の使用を目指し、品質の向上を目指した他、上着やズボン等は現在の販売価格の8 割の価格で販売できるよう様々な調整を行いました。

01

シンボリック

ユニフォーム

×

デザイン

ハットの復活により、社会の中で形成されているスカウトのイメージの再構築を図る他、ビーバー部門は「みんなと仲良く遊ぶ」、他の部門は「進級章などをつけ、自ら作り上げる制服」を念頭に置き、デザインはシンプルなものに。

上下で異なる色やストライプを使ったコーディネートなどで、より象徴的なデザイン。

デザイン

DESIGN
BEAVER SCOUT

ビーバースカウト

ビーバーの新制服は、「みんなと仲良く遊ぶ」をポイントに、これまでの制服であるベストから、活動しやすく普段でも着られるポロシャツ、トレーナー(ニット製品)になりました。

また、従来のマークをよりポップで親しみやすいものとして各アイテムに刺繍しました。トレーナーに関しては、規程上、着用することができるとしており、他の部門の長袖同様、制服のアイテムの1つとなります。

 

More Info>
CUB SCOUT

カブスカウト

現在定着している紺と黄色のイメージを踏襲。このイメージカラーは、戦後、アメリカ連盟初代総長のアーネスト・シートンのアイディア「紺(真実と精神性、忠誠心、空の色)と金色(元気、幸福、暖かい日光)」を参考にして制服を制定し現在に至っています。また、半ズボンの丈など

は現行の物より長く、よりスタイリッシュになっています。

 

More Info>
BOY SCOUT

ボーイスカウト以上

「ちかい」を立てたスカウトを共通の制服とし、一体感を高めた他、ボーイスカウトのシンボルともいえる「ハット」を再び採用。ボーイスカウトのイメージを社会に復活させるデザインとしました。また、上下を別々の色にし、シャツが従来どおりのベージュに。ズボンは、B-P が最後まで着用していた制服のオリーブ色とし、活動しやすいブッシュパンツを採用しました。新たに中折れ帽も制帽とし、指導者はウール混紡でタックの入ったズボンも着用できます。

 

23WSJ終了後より販売予定

More Info>

サイズ 価格表

SIZE/PRICE

各種制服や記章類のサイズおよび価格一覧です。

More Info>

制服および記章等の着用位置

UNIFORM & PATCH PLACEMENT

平成27年4月1日より、新制服への規程が施行になります。下記よりダウンロードください。

●制服及び記章等の着用ガイド

ここでしか、学べないことがある。 Copyright 2015 Scout Association of Japan. All Rights Reserved.