03.png

facebook.pngyoutube.png

b-1.pngb-1.pnga-1.pnga-1.pngf-2-2.pngd-1-1.pngd-1-1.pngk-1.pngk-1.pnge-1_1.pnge-1_1.pngc-1.pngc-1.pngh-1.pngh-1.pngi-1.pngi-1.pngj-1.pngj-1.png

HOME > 参加カテゴリー

参加隊

本大会は、開催年度となる平成25年度に小学校6年生以上、高校3年生以下のスカウトを参加の主体とします。参加にあたっては、活動を支援する成人指導者とともに参加隊を編成します。

①参加スカウト

  • 平成25年度に小学校6年生以上のボーイスカウト(BS)、高校3年生以下のベンチャースカウト(VS)
  • BSは確定申し込み時までに2級以上に進級し、保護者から参加の同意を得ている者。
  • VSは確定申し込み時までにベンチャー章以上に進級し、保護者から参加の同意を得ている者。

② 参加隊の引率指導者

 参加隊指導者として、教育規程に定められた役務に応じて必要な資格を有するか、県連盟がこれと同等の資質と経験を有すると認めた者。参加スカウトに女子が含まれる場合は、指導者のうち、少なくとも1人は女性とします。また、指導者のうち1人はウッドバッジ研修所のベンチャースカウト課程修了者とします。

隊 長:
25歳以上で、ウッドバッジ研修所のボーイスカウト課程修了者。
副 長:
20歳以上で、ボーイスカウト講習会を修了していること。ウッドバッジ研修所修了者が望ましい。

IMG_3070.JPG

大会運営スタッフ

① 国際サービスチーム員(International Service Team:IST)

 本大会は、23WSJプレジャンボリーであることから、運営は23WSJ組織に準じて行われるが、大会期間を中心に約2千人(23WSJでは約6千人)のスタッフが必要とされ、日本全国および世界の国の人々によって構成されます。
 国際サービスチーム員(IST)は、開会式時点で18歳以上のベンチャースカウト(参加者で申し込む高校3年生を除く)、ローバースカウト、指導者、県連盟・日本連盟の役職員、スカウトクラブ会員、外国連盟指導者等が対象となり、大会期間を中心に業務を推進します。
 これに加えて、23WSJにおけるIST養成のため、平成25年7月28日時点で16歳以上のベンチャースカウト(23WSJ開会式時点で18歳)についても、本大会のISTとして参加できます。
 このチームのメンバーになった場合、12日間の時間的拘束が課せられるほか、英語かフランス語が話せることが望ましく、ジャンボリーの遂行に必要な業務のいずれかに従事しなければなりません。また、この大会の経験を活かし、23WSJのISTとなることが望まれます。

② ジャンボリー・デリバリーチーム(Jamboree Delivery Team:JDT)
  ジャンボリー・コアチーム(Jamboree Core Team:JCT)
  ジャンボリー・マネージメントチーム(Jamboree Management Team:JMT)

 JDT、JCT、JMTは、大会当日のみならず、事前から大会の計画と準備を担います。JDTは、大会各部のスタッフとなり、大会期間中はISTのまとめ役となります。JCTは各部の部長、副部長等主要スタッフとなるとともに、部を超えて大会の運営を担当します。JMTはJCTのまとめ役として大会運営に責任を持つとともに、APR(23WSJでは世界スカウト機構:WOSM)との連絡・調整を進め連携をとります。
 JCTとJMTは、APR(23WSJではWOSM)が求める組織委員会の役割を担い、APRガイドライン(23WSJではWOSMガイドライン)に沿った準備が求められます。

③ 派遣団本部員(Contingent Management Team:CMT)

 派遣団本部員は、参加申し込み等の諸手続きや輸送計画を調整するとともに、当該派遣団の参加者に大会の情報を伝え、参加準備を支援します。
 大会期間中は、当該派遣団の参加者に関する事項を管理し、事件・事故等問題が発生した場合の対応と解決を支援します。また、各派遣団本部に設置するパビリオンを運営し、各県・各国の郷土紹介、活動紹介を行うとともに、派遣団提供プログラムの支援を行います。
 対象は、当該県連盟が選任した適任指導者とします。

DSC_9078.JPG

DSC_1696.JPG

IMG_9495.JPG

協力者

 日本連盟は、プログラムのインストラクター、演技者等各分野における専門家を協力者として要請することがあります。また、アジア太平洋地域としてアジア太平洋地域の関係者を、23WSJのプレ大会として世界スカウト機構の関係者を協力者として要請することがあります。

DSC_9911.JPG

ジャンボリー・ビルド・チーム(JBT)NEW

 今大会では、様々な準備作業や終了後の片付けなどに多くのボランティアを募集しています。ボーイスカウト加盟員に限らず、会場の清掃・草刈、キャンプサイトの区割り、看板等の製作・設置、備品等の搬入等の作業に興味やご協力していていただける方、お申し込みください。なお、2日以上参加された方は、期間中に会場を訪れるデイビジターチケットの特典があります。

詳しくはこちら

0729-07.jpg

ホスト参加者

 日本連盟は、30APRSJおよび23WSJのホスト国連盟として加盟員を対象に、到着ポイントでの外国派遣団の出迎えと見送り、場外プログラムの運営、大会期間前後の準備・片付等に協力する準参加者(仮称:ホスト参加者)について別途定めます。

bb878a62b3025e3c00da033e21383910.jpg



来賓・見学者

 参加者以外に会場に訪れる見学者および日本連盟が招待する来賓等について次のとおり区分し、入場日時、事前登録、入場料等の細部については別途定めます。

① 特別ゲスト(Special Guest)

 国家元首、党首、特別な政府高官、国会議員、国を代表する大臣や大使、スカウト運動に協力が期待できる著名人、世界および地域スカウト委員長等をAPR、各国連盟、都道府県連盟との調整により招待します。

② スカウトゲスト(Scout Guest)

 WOSM・APR・各国連盟・県連盟の役員・関係者を対象とし、事前登録により会場に訪れることができます。

③見学者(Day Visitor)

 加盟員に限らず広く一般からの見学を歓迎します。見学者はプログラム実施日に入場でき、大会の活動の一部を体験する機会が提供されます。入場料とプログラムは別途定めます。

IMG_0414.JPG

F17_27072011_SE1182.jpg

オープン参加

 「オープン参加」は、ジャンボリーの一日体験として、ボーイスカウトの参加者と同じプログラムを体験する一般の青少年へ向けた活動です。オープン参加者は、少人数のグループに分かれて、ミニラリー形式により会場内で展開されるプログラムを体験できます。
参加する世界各国や全国のスカウト運動を紹介する「スカウトセンター」、日本の様々な文化を体験する「文化の交差点」、科学技術について学ぶ「科学の都市」、様々な信仰や信条に触れ合う「信仰奨励」などのプログラムが体験できます。

詳しくはこちら

R0010470.JPG