ボーイスカウト愛知連盟

名古屋第121団

  • ビーバースカウト小1〜小2
  • カブスカウト小3〜小5
  • ボーイスカウト小6〜中3
  • ベンチャースカウト高校生
  • ローバースカウト18才〜25才

ボーイスカウト名古屋第121団は、1987年(昭和62年)に名古屋市中村区で発足した団で、中村生涯学習センターを中心に活動しており、スカウトは主に中村区と西区の少年少女達(大学生もいます)です。

当団の特徴としては、団行事(ビーバースカウトからローバースカウトまで、一緒に活動する行事、年6回程度)を大切にしており、保護者の皆様が、スカウト活動を行っていくことで、子供たちが将来どのような成長をしていくか、見える化を意識しています。

また、当団は国内の外国人や国外では韓国ソウル505プリ団と交流するなど国際教育も力を入れております。

そして、そのような活動の状況をFacebookを通じて、保護者の方にお知らせするよう配慮もしております。

写真は2017年に発団30周年の記念行事として実施した帆船「みらいへ」への体験乗船の様子です。このような普段中々体験できない活動に子供たちを挑戦させることにも力を注いでいます。

ビーバースカウトは隊活動(ビーバースカウト全員で行う活動)への参加や、家庭での生活指導によって、自然に親しみ、基本的な生活技能、社会性、表現力を伸ばします。

当団のビーバースカウト隊では、団行事を含み月2回程度の集会(野外活動、室内活動)を行っています。
写真は成人リーダーの見守りのもと、木登りをしているところです。安全に留意しつつ、子供たちの冒険心を満たします。

カブスカウトは組(6名程度のカブスカウトで構成)や隊(全部の組が集まって行います)活動、及び家庭や近隣社会での生活指導に参加することよって、良い社会人としての基本を習得します。

当団のカブスカウト隊では、団行事や野外活動(キャンプ、ハイキング等)及び国際教育等を含む月3回程度の集会を行っています。
写真は団行事として日本ウクライナ文化協会の方の協力を得て、国際交流としてクイズやゲームを行っているところです。海外出身の方々と直接触れ合う機会を設けることにより、国際理解を深めます。

ボーイスカウトは班(8名程度のボーイスカウトで構成)や隊(全部の班が集まって行います)の活動に参加することよって、自分の責務を果たし、野外生活を主とした体験学習を通して良き社会人たる資質の向上を図ります。

当団のボーイスカウト隊では、キャンプ等の野外活動とそのための訓練及び団行事等を合わせて、月3~4回程度の活動を行っています。
写真は「夏季キャンプ(5泊6日)」の朝礼(キャンプ中、毎朝実施)で、今日一日に取り組む活動に対する心構えを成人リーダーが話しているところです。自然の中、規律ある生活を行うことによって、楽しみながらも心と体を鍛えます。

住所

名古屋市中村区

主な活動場所

中村生涯学習センター他

主な入団地域

名古屋市中村区、名古屋市西区

参加対象

男女

HP/SNS
website facebook Instagram