ボーイスカウト愛知連盟

岡崎第5団

  • ビーバースカウト小1〜小2
  • カブスカウト小3〜小5
  • ボーイスカウト小6〜中3
  • ベンチャースカウト高校生
  • ローバースカウト18才〜25才
  • 指導者18才〜
  • 全部門男女募集中

日本武尊が東夷征伐時 川の中州の竹より矢を作り勝利し 矢作川と呼ばれたと言われ、その竹も祭られている矢作神社や 矢作河原で川の自然や四季を楽しみ、“愉快で楽しい仲間 岡崎第5団”をキャッチフレーズに活動しております。
団本部は発団当時より 人形浄瑠璃(文楽)の名称となった「浄瑠璃物語」で源義経が矢作の長者の娘 浄瑠璃姫に渡した“薄墨の笛”が保存され 浄瑠璃姫の供養塔もある誓願寺でお世話になっております。
岡崎第5団は矢作東小学校の社会教育委員会に加えさせていただき団を挙げて地域の方たちと健全な子供の育成に努めています。

ビーバー隊(ビーバースカウト)は 小学入学前1月から2年生までで 小学校2年生になると「ビッグビーバー」と呼ばれ年下の「ビーバースカウト」の面倒をみたり、カブスカウトに上進する準備をします。ビーバー隊は原則として保護者の方と一緒に活動し、弟や妹さんも連れられ活動されておられる親御さんも見えます。
ビーバースカウトの標語は“なかよし”で自然の中でみんなと仲よく遊ぶことで楽しみや喜びを分かちあうことが大切と考え、愛に囲まれ豊かな感受性を身に付けてほしいと活動しています。

カブ隊(カブスカウト)は、小学3年生から5年生までで、「自分のことは自分でする」「みんなでルールを作って仲良く遊ぶ」「自然や社会とふれあうこと」といった目標を通じ、自立心や創造力を身につけ、「組」という小グループで活動し、仲間意識を高め、体力に自信がない子や引っ込み思案の子でも、仲間と協力して多くのテーマにチャレンジして「自分にもできるんだ」と元気で明るい「仲間の中のひとり」であることも知ります。岡崎第5団では年2回以上の舎営(建物での宿泊)やスキー・スケート訓練、ハイキング実施しており野外に出ると、さまざまなことに興味がわき、自分にできることやチャレンジしたいことも増え、体を動かす楽しみを感じ、より積極的になります。また3学年が一緒に活動するので、上の子が下の子をみたり、下の子が先輩にあこがれたりしながら、1年を通じて大きく成長していきます。

ボーイ隊(ボーイスカウト)は小学校6年生から中学生までで「班」というグループの中で、それぞれが自分の役割をもち、協力して活動します。キャンプやハイキングなどの野外活動の中で「リーダーシップ」「協調性」「社会性」などを育み、奉仕活動を積極的に行うことで「役に立つことの大切さ」を学びます。不便なキャンプでは、快適に過ごすためにできることを仲間とともに試行錯誤します。ボーイスカウトの共通のモットー「そなえよつねに」を意識し、五感を使って知識や技能を得ること、心構えをもつことなど、いろいろな意味での「そなえ」を大切にしながら、協力して成し遂げることを学んでいます。岡崎第5団は矢作河原の利用届を国土交通省に出し河原をホーム野営場として訓練キャンプを実施、数年毎にシーカヤック・ラフティング・パラグライダー等のアクティビティーに挑戦しております。

住所

岡崎市矢作町

主な活動場所

誓願寺、矢作神社、矢作河原、矢作東学区市民ホーム

主な入団地域

矢作東小学校、矢作西小学校、矢作北小学校、北野小学校区域

参加対象

男女

HP/SNS
website facebook