印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

イベント・派遣情報

文部科学省等関連イベント


平成29年度「体験の風をおこそう推進月間」(10月)事業への参加について

当連盟も構成団体として参画している、体験の風をおこそう運動推進委員会では、社会全体で子どもの体験活動を推進し、その気運を高めていくため、毎年10月を「体験の風をおこそう推進月間」と定めています。
子どもの体験活動に関する様々な事業やフォーラムなどを全国の関係団体・施設を挙げて実施しています。すでに準備している事業や今後計画するイベントを「体験の風をおこそう推進月間」事業として取り組みませんか。
各団においても本事業にご理解、ご参画いただきますようお願い申し上げます。

「体験の風をおこそう推進月間」

受付期間:7月3日(月)~11月17日(金)まで
※ 各種資料、資材の発送については、7月31日(月)までにお申し込みください。

登録方法:登録申込書に必要事項をご記入の上、E-mail、FAX、郵送のいずれかの方法で提出してください。
本事業の詳しい情報は、国立青少年教育振興機構ホームページよりダウンロードできます。
http://taikennokaze.jp/promote

お問い合わせ
体験の風をおこそう運動推進委員会事務局内「体験の風をおこそう推進月間」事業担当
(国立青少年教育振興機構 教育事業部 事業課
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
電話:03-6407-7717 FAX:03-6407-7699 E-mail:taikennokaze-suishin@niye.go.jp

平成29年度「第6回春のキッズフェスタ」

キッズフェスタは、「体験の風をおこそう」運動として、積極的に体験活動に取り組む気持ちを醸成するため、毎年春と秋の2回、ボーイスカウト日本連盟をはじめとした様々な団体が連携して開催しています。
ビーバー隊、カブ隊の活動の一環として、ぜひ会場へお越しください。その場で体験できるものから、事前申込みが必要な体験コーナーもあります。詳しくは下記チラシをご参照ください。

日時:5月20日(土)10:00~15:00
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線・参宮橋駅)

主催:体験の風をおこそう運動推進委員会
共催:公財)東京都公園協会代々木公園サービスセンター
企画:第6回春のキッズフェスタ実行委員会
   ボーイスカウト日本連盟も実行委員会として参画しています。

お問い合わせ
国立青少年教育振興機構 教育事業部 事業課「春のキッズフェスタ」係
電話:03-6407-7717 http://www.niye.go.jp/

ダウンロードはこちら

平成21年度、平成22年度文部科学省委託青少年元気サポート事業
アウトドアチャレンジ

 ゲーム機の普及、学校が終わったあとの塾通いの一般化、未成年を巻き込む事件の多発など、子供たちが「ひとりで生きるチカラ」を身につけることは、とてもむずかしい時代です。
 まず外に出て、みんなで遊ぶ楽しさを知る。そこには、必ず発見があるはずです。

主催:アウトドアチャレンジ運営協議会
主管:公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

詳しくはバナーをクリック

平成19年度、平成20年度文部科学省委託青少年元気サポート事業
キッズコミュニティー

 ボーイスカウト日本連盟は「地域社会が強く優しい子どもを育てる」という目的に向かって、障がい、経済的な面や家庭環境の特殊性があっても、全ての境遇の子どもたちを受入れ、共に体験活動を通じての成長を継続的に支援していきます。

・本事業の推進において、ボーイスカウトが「火付け役」となり家庭や学校だけでなく地域社会全体が青少年を育成するモデルを構築します。
・知的障害や発達障害児童に対する「自然体験活動」の有意性を啓発します。
・スカウト運動における「手法(教育法)」を活用した「体験活動」を新たに構築します。
・事業運営にあたっては、新たに地域社会における様々な団体を巻き込み展開します。


「発達障がいのある青少年を支援する指導者のガイドブック」 
 このガイドブックは「発達障がいについて」と「カブスカウト年代を中心に指導者が場面毎にどのような対応・対処をするとよいか」「団・隊の支援体制」などが記載されています。障がいのある児童がいない団でも参考になります。

ダウンロードはこちら

「中高生のためのジュニアリーダー活動ハンドブック」 

ダウンロードはこちら