印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

イベント・派遣情報
第39回 全国ボーイスカウト写真コンテスト

※応募者の所属隊等は応募時のものです。

『一生懸命、お願いします。』
吉川 大智
兵庫・姫路第6団ボーイ隊

審査委員長コメント:昨年の東日本大震災では、津波、原発事故と続き、日本にとってはピンチが続いています。その人たちを応援する募金を、カブスカウトたちが大きな募金箱を抱えて一生懸命呼びかけている表情がとても愛らしく、すばらし
いボランティア活動と見えます。


『びっくりでしょ』
吉岡 侑哉
奈良・宇陀第3団ビーバー隊

審査委員長コメント:畑で野菜の収穫のお手伝いをして、大きなカブがとれてうれしそうな表情です。子どもたちにとってすばらしい時間だと思います。このような体験をすることで、自然との関わりを学んでいくことが、ボーイスカウトに参加する意義だと思います。その表情が1枚の写真によく出ていると思います。




『くもになった気分!!』
市川 あゆみ
埼玉・入間第2団ベンチャー隊

審査委員長コメント:フィールドでの野外活動に友だちと参加し、新しい体験を通して学ぶことに意義がある。クモの巣を見立てて作る行為も子どもたちが考えだしたことなのではないでしょうか? クモの巣をくぐる競技なのかな? 遊びを発見するのは子どもたちの想像力であり、同時に楽しみでもある。


『ボクのなかま』
森川 敦郎
北海道・札幌第10団カブ隊


『おぞうにを食べているカブ隊』
高橋 省伍
埼玉・さいたま第205団ボーイ隊


『わたしもビーバースカウトになる』
近藤 龍之介
東京・練馬第6団ビーバー隊


『足は見るな。』
松岡 利久土
愛知・津島第3団カブ隊


『カブ、ボーイ合体』
渡邉 亮太
愛知・津島第3団カブ隊


『楽しいブランコ!!』
神山 雄飛(かみやま・ゆうひ)
兵庫・姫路第8団ボーイ隊


『もちつきぺったん』
小沼 祐介
大阪・吹田第15 団カブ隊


『隊長、大好き!』
平松 弘枝
静岡・磐田第6団
ビーバー隊副長

審査委員長コメント:自然の中で自然と遊ぶ、人間にとって大切なことです。隊長にみんながつかまって泳いでおり、フィールドの楽しさを感じさせる素敵なシーンです。子どもたちの表情も見せながら、川の流れも写されており、カメラのアングルもよいところを選んでいます。


『ヨイショ頑張れ!』
出石 康之
京都・京都第60団
団委員

審査委員長コメント:自然の中で餅つき体験をする、なかなか今ではできないことを、ボーイスカウトで体験し楽しんでいる光景を撮影したところが写真の記録としてすばらしい。子どもたちのそれぞれの表情がよく写しとられています。




『入隊の日』
澤 和修
大阪・藤井寺第4団
副団委員長

審査委員長コメント:子どもが真剣な表情でちかいを述べています。スカウトの
旗を手前に入れて、顔をアップで撮影しており狙いが素敵です。子どもの真剣な表情がこの作品を物語っています。


『よーい、どん!!』
早川 和志
群馬・高崎第18 団ボーイ隊隊長


『自転車ハイクゴール到着!』
山浦 献幸
長野・軽井沢第8団ボーイ隊副長


『モーモーダッシュ』
北川 勝久
富山・南砺第3団ビーバー隊隊長


『大きな芋掘ったぞー』
草村 実
愛知・豊田第25団副団委員長


『凛』
門野 広域
愛知・津島第3団カブ隊隊長


『よおーく、ねらってぇー。』
染川 瑞穂
大阪・羽曳野第1団ビーバー隊副長


『アクシデント発生!救命救急競技』
小竹 雄士
神奈川・大和第1団ベンチャー隊隊長