印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

メンバー向け情報

SAFE FROM HARM「危害から守る」

~思いやりを育むプログラム~

セーフ・フロム・ハームの考え方

ボーイスカウト運動は、「ちかい」と「おきて」の実践を基盤とした、青少年の成長を支援する教育プログラムで、家庭教育・学校教育と並ぶ地域教育として人間性を育でいます。
世界スカウト機構(WOSM:World Organization of the Scout Movement)は、よりよい教育の提供と危害のないスカウト活動の環境を整えるために「セーフ・フロム・ハーム」を定めました。そりにより、多くの国や地域の連盟では、その考え方を導入し推進しています。
日本のスカウト運動においても、「ちかい」と「おきて」をもとに、思いやりの心を育む教育プログラムとして、「セーフ・フロム・ハーム」を導入することになりました。
「他の人への気づかい」ができ「思いやりの気持ち」を育む人づくりを目指していきます。
まさに、それは「神へのつとめ」「他へのつとめ」「自分へのつとめ」ができるスカウトの育成につながります。

セーフ・フロム・ハーム(Safe from harm)は日本語で?
あまり聞きなれないハーム(harm)。ハーム(harm)とは日本語で(精神的・肉体的・物質的な)害、傷害、危害。すなわち、Safe from harm = 危害から守るになります。



ガイドラインの策定

 平成25年5月12日開催のスカウト教育推進会議において、セーフ・フロム・ハーム研究チームの設立が承認され、日本のスカウト運動への導入について、研究を進めました。第16回日本ジャンボリーにおけるセーフ・フロム・ハーム導入・運用を評価すると共に、諸外国の「ユース・プロテクション」「チャイルド・プロテクション」の調査分析を含め、我が国の社会環境に対応したスカウト活動へのセーフ・フロム・ハームの内容を検討しました。また、意見公募やシンポジウム等を行い、名称の統一や各所に多くの意見を組み込んだものとなりました。

ガイドライン

(PDF)

ページの先頭へ

ボーイスカウトチャンネル

 ボーイスカウト日本連盟によるYoutubeチャンネルです。ボーイスカウトの案内や過去の大会、メッセージ等掲載しております。

ページの先頭へ