印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

メンバー向け情報

青少年プログラム

「全国ローバースカウト会議(RCJ)」憲章

前文

 ローバースカウトは、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟教育規程7-31に定められた目標に基づいて活動することで、社会の中で役割を担い、また価値を提供していくことが求められている。
 「全国ローバースカウト会議」は、情報交換の場の提供や提言活動などを通して、全国のローバースカウトの活動を活性化させ、ひいてはボーイスカウト運動の発展に寄与するものとする。

第1条 (名称と構成)

 名称は「全国ローバースカウト会議」(Rover Scout Council of JAPAN)(以下、「RCJ」とする。)と称する。
 RCJは18歳以上25歳以下で、ローバースカウト又は指導者として加盟登録する者(以下、構成員とする。)で構成する。 但し、加入を望まない者は、その旨を申告することで加入を辞退することができる。

第2条 (活動)

1.ローバースカウトの活動活性化を奨励する活動を行う。
2.構成員に対して情報や情報交換の場を提供し、各活動体を支援する。
3.日本連盟への提言や事業参画を行う。
4.その他必要な活動を行う。

第3条 (総会)

 総会は各県連盟の代表者によって行い、すべて公開するものとする。各県連盟の代表者は、発言し、決議に加わることができる。決議については参加者(委任状による参加も含む)の過半数の賛成をもって可決する。
 原則的に1年に1回、日本連盟の全国大会に合わせて開催する。総会の決議事項は次のとおりとする。

  • ・前年度の活動報告、及び決算
  • ・当年度の活動計画、及び予算
  • ・運営委員の選出
  • ・アドバイザーの依頼
  • ・その他重要な事項

 なお、行事、事業等を執行する機関は、総会の議を経て、構成員よりメンバーを選出し、設置する。

第4条 (運営委員会)

 運営委員会はRCJの運営を行う。運営委員会には運営委員、アドバイザーの他、議長の指名する者も参加できる。運営委員会は必要に応じて議長が開催する。

第5条 (運営委員)

RCJには次の運営委員を置く。
1. 議長(1名)
 全体会、運営委員会をまとめ、RCJを代表する。
 任期は1年とし、再任を妨げない。
2. 副議長(若干名)
 議長を補佐し、議長が不在のときはこれを代理する。
 任期は1年とし、再任を妨げない。
 選出方法は自薦、他薦による候補者の中から、総会での代表選挙、決議にて任命する。
3.運営委員(若干名)
 会計やホームページ管理など、必要に応じて分掌された役務を担当する。総会の決議を経て任命する。
 運営委員会のメンバーから、互選により、日本連盟スカウト推進会議の構成員(教育規程6-2(11)青年代表者)を選出する。
 また、RCJにはアドバイザーを若干名、総会の決議を経て依頼する。

第6条 (事務局)

ボーイスカウト日本連盟事務局教育部内にRCJ事務局を置く。

第7条 (経費)

1.RCJにかかる費用は日本連盟支出金、寄付金、(自己活動創出金)、等をもってあてる。
2.RCJの会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日をもって終わる。

第8条 (憲章改正)

 憲章改正については各県連盟の代表者の発議により、総会の決議で決定する。

第9条 (付則

本憲章は平成24年5月27日をもって成立し、施行する。

このページのPDF

ページの先頭へ