印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

メンバー向け情報

青少年プログラム

スカウトの日とは?

 毎年9月の第3月曜日は「スカウトの日」です。「スカウトの日」は、全国のスカウト・指導者が地域社会への奉仕活動をはじめとして、様々なスカウト活動を全国の各地域において一斉に展開し、加盟員一人ひとりが地域社会に貢献するとともに、スカウト運動が地域社会に根ざした実践活動であることを広く社会にアピールすることを目的としています。
 昭和49年(1974年)、北海道千歳市内で開催した第1回シニアースカウトフォーラムで「より良い社会を目指して、スカウトは何をすべきか」について討議された結果、「スカウト奉仕の日」を全国的に展開することが提案されました。

日本連盟ではこの提案を受け、昭和50年から、5月の子供の日を中心とした1週間を「スカウト週間」として、「より良き社会を目指して/美しい日本を作ろう」を統一テーマに、全国的にスカウトたちが街に出て、奉仕活動を展開していくこととしました。 「スカウト週間」は平成元年までの15年間にわたり、多くのスカウトの参加を得て実施しました。平成元年に15年間の実施状況を再点検し、平成2年には「スカウト奉仕の日」として、また国際環境年にちなんで「スカウトカントリー(缶トリー)大作戦」を統一テーマに展開しました。そして各参加団からの報告内容を整理・分析したうえで検討を行い、名称を「スカウトの日」としました。

スカウトカントリー大作戦 から 地球大好き! I Love the Earth. へ

 スカウトカントリー大作戦は、平成元年に大阪連盟がポイ捨て空き缶の回収を「カントリー(缶トリー)大作戦」として行っていたものを全国的に展開することとし、平成20年度まで「スカウトの日」の統一テーマとしてきました。
 20年間の「カントリー大作戦」では、延べ100万人のスカウト、指導者が参加し、約800万本の空き缶と50万本のペットボトルを回収してきました。
 20年を節目として、平成21年度からは新たなテーマの基で実施しております。合言葉は、「地球大好き! I Love the Earth.」です。スカウト一人ひとりが、地球の環境についてより深く考え、身近にできる活動を展開し、広く社会へアピールしていくことを期待して、このテーマを設定しています。
 また、世界のスカウト運動でも取り組んでいる「クリーン・アップ・ザ・ワールド」に登録して活動しています。

※「クリーン・アップ・ザ・ワールド」とは、1989年、ヨットマンのイアン・キアナン氏の発案によりオーストラリアで始まった活動で、1992年から国連環境計画の協力を得て国際的な活動へと発展した清掃活動。「とにかくみんなで拾おう」という呼びかけにより、国境を越えた運動となっている。

ページの先頭へ