印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

SAJ インフォメーション

ボーイスカウト日本連盟から皆様へのインフォメーションです。

山中野営場の閉鎖について

山中野営場は、1925(大正14)年、当時の少年団日本連盟理事佐野常羽が大洞沢に清らかな水が湧くのを発見し、ここを野営場と定め、指導者訓練所を開設したことから、ボーイスカウトの野営場としての歴史が始まり、今年で92 年目を迎えました。1925(大正14)年の第2 回指導者訓練所、第2 回全国野営大会を皮切りに、戦後には中央実修所、名誉スカウト特別訓練、1 級スカウト富士特別訓練、年長隊富士野営、各種研修所・実修所、リーダートレーナーコース、スカウトフォーラムなど、スカウトと指導者の養成のための野営場として利用されてきました。また、隊・団・地区・県連盟のキャンプの他、富士山に近いことから海外のスカウトも大勢この地を訪れました。
その他、一般の方々への貸し出しを行い、ファミリーキャンプ場や日帰りキャンプ場としても利用されてきました。
しかし、土地に関しては山梨県等からの借地であり、収支は支出の超過が続いている状況もありました。
長年さまざまな検討や交渉が行われ、日本連盟では山中野営場検討委員会を設置しました。閉鎖か、あるいはどのような方法であるなら存続可能かの検討を行い、存続のため、あらゆる方向性を探り、関係各所との交渉も行いましたが、建物の老朽化やアスベスト問題、建て直し費用を含む財政面の問題等を考慮し、検討委員会は、平成28 年10 月11 日に開催した理事会へ答申。断腸の思いで平成29 年8 月をもって閉鎖することとしました。

閉鎖時期

2017(平成29)年8月下旬
平成29年度末(平成30年3月)に建物等の撤去を完了し検査を受け返却するために、解体工事と備品処分に必要な期間を考慮したものです。

今後の山中野営場の利用について

団・地区等の一般利用:平成29年3月31日(金)まで
また、平成29年度は、日本連盟主催行事や指導者訓練コースの利用のみとなっています。

今後の山中野営場での日本連盟主催行事(予定)

● 富士特別野営2017:平成29年8月12日(土)~18日(金)
● 山中野営場お別れイベント(仮称):8月19日(土)~20日(日)
その他各種指導者研修
なお、日本連盟主催行事に関しては、ホームページ等を通じ、皆さまにお知らせしていきます。

山中野営場の利用等に関してはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ

ここでしか学べない事がある

 ボーイスカウトは、世界169の国と地域、約4,000万人が加盟する世界最大の青少年運動です。野外での活動を通じ、社会の中で活躍する人を育てます。資料請求・体験入隊は、下のアイコンをクリックしてください。

ENTERENTER

ボーイスカウト・アンバサダー

©JAXA

様々な場面で、この運動の素晴らしさを社会に伝えていただくボーイスカウト・アンバサダーをご紹介します。

詳しくはこちら

スカウトOB・OG向けサイト

ぜひ、ご登録ください!

年6回(奇数月発行)

ページの先頭へ