印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サポート
公益財団法人ボーイスカウト日本連盟維持会員、ご寄附のご案内

ボーイスカウト運動にあなたの財政的なご支援を

日本アグーナリー(国際障がいスカウトキャンプ大会)ボーイスカウト運動は、1907年に英国のベーデン-パウエル卿を創始者として始まりました。ボーイスカウトの世界組織である世界スカウト機構(WOSM)には、162の国と地域が正式加盟しており、約3,600万人がスカウト活動に参加しています。

我が国では1922年(大正11年)にボーイスカウト日本連盟が結成され、以来90年にわたり、次代を担う有為の青少年を育成することを目的に活動が続けられて参りました。

これらの活動の財政基盤は、加盟員の登録料、一般財団法人ボーイスカウトエンタープライズからのスカウトブランド使用料、そして皆様からの維持会費をはじめとする各種寄附金・助成金を収入の三本柱として運営されております。

皆様からのご厚志は

皆様からのご厚志は、


第16回日本ジャンボリー・ ジャンボリー、ベンチャースカウト大会(高校生年代の大会)、アグーナリー(障がいのあるスカウト等の大会)等各種大会の開催
・ 国際社会で活躍・貢献できる人材育成のためのプログラム開発
・ 国際交流事業の積極的展開、野外教育活動の幅広い展開のための野営場・研修宿泊施設の整備、ボランティア指導者の育成強化、ボーイスカウト運動に参加いただくための普及事業

等に活用され、ボーイスカウト運動の一層の発展のために役立てております。
皆様におかれましては、本運動の趣旨をご理解いただき、維持会員へのご入会をお願い申し上げます。


維持会員の種別と会費

維持会員は、個人と法人に大別されております。

LinkIcon詳しくはこちら

免税措置について

ボーイスカウト日本連盟は内閣総理大臣より「公益財団法人」の認定を受けておりますので、寄附金や維持会費(維持資金寄附金)については一定の免税措置が受けられます。

LinkIcon詳しくはこちら

遺贈によるご寄附について

「遺贈」とは、遺言を残しご自分の財産を特定の人や団体に分け与えることをいいます。受取人として法定相続ではなく、遺言書により一部または全ての財産の受取人として、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟をご指定いただくことができます。
ご希望の方には、遺贈に関する業務提携を結んでいる信託銀行をご紹介することも出来ますので、遺贈をお考えの方は、お問合せください。

LinkIcon詳しくはこちら

維持会員申込

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟維持会員へのお申し込み。

LinkIconお申込みはこちら

ともに進もう(ひとり親家庭等応援)助成プログラム

「かざして募金」

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟(以下、当連盟)は、スマートフォンで簡単にご寄附いただける「かざして募金」に参加しています。
かざして募金では、当連盟のロゴマークや大会ロゴなどをスマートフォン専用のアプリで読み取ることで、当連盟にご寄附いただけます。
※ご利用には、専用のアプリダウンロードが必要です。


詳しくはこちら

ともに進もう(ひとり親家庭等応援)助成プログラム

もったいない寄付

ボーイスカウト日本連盟ではひとり親家庭や東日本大震災で被災されたご家族の子どもたちのスカウト活動への参加を応援しています。彼らのスカウト活動費を支援する取り組みを行っています。

書き損じハガキなどの回収による
「もったいない寄付」
あなたの家の不用品が、大きな支援となります。


寄付月間~Giving December~

ボーイスカウト日本連盟は、寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなることを、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考え、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけとなることを目指した「寄付月間~Giving December~」キャンペーンに賛同しています。

詳しくはこちら