ありがとう!を継続的に。

今世界は、かつてないほど大勢の難民であふれています。
安全な新しい場を求めて、故郷を捨てざるを得ない人々が何千万人もいるのです。
ユニクロは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR The UN Refugee Agency)と協力し、世界中難民の方々に届ける活動を実施。これにボーイスカウトも協力し、キャンペーン全体で1000万着以上の服を回収することができました。
ボーイスカウト日本連盟は、引き続きこの活動に協力。皆さまに呼びかけてまいります。
あなたの1着には、世界を変える力があるのです。
どうか、ご協力をお願いします。 

 
©ユニクロ

難民とは?

1951年の「難民の地位に関する条約」では、「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受ける恐れがあるために他国に逃れた」人々と定義されています。
 
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の調べでは、2015年末時点、世界には支援を必要としている人は約6530万人、そのうち18歳未満の子どもは半数以上にも及んでいます。また、そのうち保護者がいない子どもは3万4300人にもなります。

皆様の着なくなった服を”ユニクロ”に!

私たちボーイスカウトにできること。

団の皆さんでぜひご不要になった衣類を集めてユニクロの店舗にお持ちください。

実施期間
2017年3月1日(水)~5月31日(水)
店舗持込期間
2017年4月1日(土)~5月31日(水)

※ゴールデンウイークおよび感謝祭(5/26-29頃)シーズンは避けてお持ち込みください。


回収対象
①ユニクロ・GUの着なくなった服
②子ども服(60~150cm)に限り、ユニクロ・GU以外のブランドも可

※期間・回収対象ともに、ボーイスカウト内のみでの特別ルールとなります。
 

各団宛の文章はこちらをご覧ください(PDF)

店舗への持ち込みまでの流れ

STEP1


キャンペーンに申し込もう!

団毎で「申込みフォーム」を用いて、「回収想定枚数」や「持ち込み店舗」等を登録してください。
 
※ユニクロ本社から、各店舗に対して情報発信を行っていただき、スムーズな回収が行えるようにします。また、おおよその参加団数を把握するため、回収想定が不明な場合でも、参加の意思がある場合には、まずはご登録をお願いいたします。 

 

STEP2

難民についてみんなで考えよう!

ぜひ各隊等でスカウトたちと難民について考える機会を設けてください。
ポイント1.
難民ってどんな人だろう。
ポイント2.
世界の現状。日本の現状。
ポイント3
私たちに何ができるか。
 

協力:国連UNHCR協会

STEP3

各団で洋服を集めよう!

対象のものは下記の通りです。

  1. ユニクロ・GU(ジーユー)の着なくなった服
  2. 子ども服(60~150cm)に限り、ユニクロ・GU以外のブランドも可

 

なお、下記のものは回収対象外です。

 下着、靴下、帽子やベルト等の小物、体操着、ボーイスカウトの制服

 

STEP3-2

多くの人への呼びかけ
「外部への協力呼びかけチラシ」

本プロジェクトについて、地域の小学校・中学校、自治体や企業に協力を呼びかけるためのチラシを作成いたしました。参加申し込みをいただいた団には一定数配布いたしますが、以下からダウンロードも可能です。ぜひご活用ください。
 

チラシ(PDF)
チラシ(DOCX)

※ワード版は、連絡先を自由に記載できます。

 STEP4

最寄りのユニクロの店舗へもっていこう!

各団でおまとめいただいた衣類を、制服にて最寄りの店舗の回収ボックスまでお持ちください。また、その際に店舗にて、従業員に確認の上、ボックスに入れているお写真をお取りください。
また、持ち込みの日付、時間等は前もって趣意書とともに店舗でご相談ください

※写真は報告等で使用します。
※お持ちいただく人数は各店舗でご迷惑にならない程度でお願いいたします。

趣意書はこちら

 STEP5

  

報告しよう!

「報告フォーム」にて実際に行った内容を報告ください。また、撮影いただいたお写真は help-1000@scout.or.jp までお送りください。