ボーイスカウト東京連盟

狛江第1団

  • ビーバースカウト小1〜小2
  • カブスカウト小3〜小5
  • ボーイスカウト小6〜中3
  • ベンチャースカウト高校生
  • ローバースカウト18才〜25才
  • 指導者18才〜
  • 全部門男女募集中

ボーイスカウト東京連盟狛江第1団は、1971年(昭和46年)、地域の子ども達を、ボーイスカウト教育を通して未来社会を形成する健全な社会人に育成することを願い、ボーイスカウト運動に賛同する市民有志が育成会を結成し発団した地域団です。
今年も4月に、ビーバースカウト隊16名、カブスカウト隊は3組編成19名、ボーイスカウト隊は2班編成12人名、ベンチャースカウト隊6名、ローバースカウト隊8人の5隊61名で、元気いっぱい、第52期の活動が始まりました。
「楽しい狛江第1団」がモットーです。新型コロナウイルス感染症を乗り越え、健康管理に十分に留意しながら、ハイキングやキャンプなどの野外活動を充実させることが今期の目標です。
狛江第1団は、子ども同士が、野外での多様な実体験を通して教え合い、そして学び合い、自らが生きる力を育むボーイスカウト教育を忠実に実践しています。
子ども達は、世界に飛び立ちます。狛江第1団の育成会、団指導者、隊指導者は、共に子ども達の成長に寄り添って、一人ひとりの子ども達を有能な良き社会人に導いていく使命を担って活動しています。
等しく男子も女子も入隊できます。狛江第1団では、毎月新たな入隊者を迎えて年度途中もスカウトが増えています。まずは各隊の活動を体験し、その良さに触れた上で、入隊をご検討ください。

ビーバー隊は自然の中でみんなで元気に遊びます。
活動は、「良い社会人を育てること」を目的に、遊びを通していろんなことに目を向けられるような構成になっています。
火おこし体験では火の熱さを感じながら五平餅を焼いて食べ、ポイントラリーでは年上のスカウト等と一緒に回り、即席音楽隊を結成した時にはお家の方たちに感謝の気持ちを表現したり、多摩川での自然遊び、地域のボランティア活動への参加など多岐にわたります。

団の行事として市民祭りやどんど焼きに参加したり、デイキャンプや料理、工作、施設見学なども例年組み込まれています。
ワクワクするビーバーの冒険を展開していきます!ビーバーあつまれ!

「遊び」から「学び」へ。年齢が、上がるにつれ学びの要素がより高まります。ビーバー隊(小1、2)→カブ隊(小3、4,5)→ボーイ隊(小6、中1,2,3)→ベンチャー隊(高1,2,3)→ローバー隊(~25歳)と上進して行きます。仲間達と共に市内活動から県外活動、場合によっては海外派遣で国外まで。交流は国内ばかりでなく世界へとさらなる拡がりを見せます。自分達で自主的に活動する要素も増え、同時に技術や知識を習得していきながら健康で健全な精神の育成を心がけています。

狛江第1団は、自然豊かな多摩川を庭に活動しています。ビーバー隊で「川流れ体験」、カブ隊、「いかだレース参戦」、ボーイ隊、ベンチャー隊は「自分達で作成したイカダで参戦」です。河川敷を利用してのキャンプや凧あげ、野外炊事訓練など地域性を生かした活動が魅力です。また、創始者ベーデンパウエル卿の「幸福になる第一歩は、君達が少年時代に、先ず自分の身体を健康で強くすることです。そうすれば大人になった時、役に立つ人間になり、人生を楽しむことができるのです」を心の奥に、広々のびのび活動しています。

住所

狛江市東和泉

主な活動場所

多摩川河川敷、狛江市内の公民館や地域センター

参加対象

男女

HP/SNS
website facebook Instagram