ボーイスカウト東京連盟

港第16団

  • ビーバースカウト小1〜小2
  • カブスカウト小3〜小5
  • ボーイスカウト小6〜中3
  • ベンチャースカウト高校生
  • ローバースカウト18才〜25才
  • 指導者18才〜
  • 全部門男女募集中

昭和22年2月、戦後再開された日本のボーイスカウト運動の中で、最初の5つのモデル隊の1つとして、「東京第5隊」は隊員16名で結成されました。
それ以後、いろいろな困難もありましたが、諸先輩並びに隊員達の非常な努力により、スカウト300余名を要する最も伝統ある立派な団「東京第5団」として発展してまいりました。
しかし、昭和53年春、東京連盟の組織変更を機会に、それを発展的に3個団に分割し、主に港区を活動の基盤としていた隊を中心として「港第16団」を発団し現在に至っています。ほかに「千代田第1団」「文京第6団」が兄弟団として各地で活動しています。

ビーバースカウト隊の活動

「みんなとともになかよく遊ぶ」「自然に親しむ」「楽しみやよろこびを分かち合う」ことを活動の目標として、学童初期の少年の特質と環境にあわせて考えられた、楽しいプログラムが用意されています。ピクニック、工作、歌、ゲームなどの野外活動を通して、生活の基礎知識や社会性、協調性などをバランスよく身につけることができます。

カブスカウト隊の活動

「りす」「うさぎ」「しか」「くま」という動物の名称で分けられた進歩制度を年齢に合わせて進み、さまざまな知識を養います。キャンプやハイキング、クリスマス会、もちつき大会など、ふだん体験できないような楽しいイベントがもりだくさんです。公園の清掃や、公共募金など地域社会に貢献する奉仕活動も行います。

ボーイスカウト隊の活動

年齢の違う6~8人の仲間で「班」をつくります。班長を中心として役割を分担して受け持ち、さまざまな野外活動や奉仕活動を通して、各人の責任を果たすことを学びます。全般的に高度な技能や運動能力、リーダーシップ、チームワークなどを養います。

住所

東京都港区白金

主な活動場所

どんぐり児童遊園、有栖川宮記念公園、港区内のいきいきプラザ

参加対象

男女

HP/SNS
website