ボーイスカウト東京連盟

練馬第9団

  • ビーバースカウト小1〜小2
  • カブスカウト小3〜小5
  • ボーイスカウト小6〜中3
  • ベンチャースカウト高校生
  • ローバースカウト18才〜25才

練馬9団は多くの子どもたちがボーイスカウト活動を通じて
 思いきり笑うこと
 思いきり汗を流すこと
 仲間と一緒にひとつの事に打ち込むこと
を体験し、≪自然≫、≪仲間≫、ひいては≪生きるということの素晴らしさ≫を実感して、個性を生かしながらオンリー・ワンの自分を形成していける活動を目指しています。
光が丘公園を中心に、子供たちが学校や年齢の枠を超えて交流し、それぞれに「各自の目標」、「自分に向いていること」を発見しそれを達成できるよう、さまざまな活動を行っています。
キャンプ、野外活動、スキー・スケート・フィールドアスレチック、クリスマス会、50kmハイク、募金活動などのプログラムを「楽しく、元気に」展開しています。
練馬9団では、一緒に活動するスカウトを募集しています!
男の子でも女の子でも、いつでも入団できます。
お子様はもちろん、保護者の方も野外活動を気軽に体験できるプログラムを沢山用意しています。
見学や体験入団も随時、行っています(中途での入団も大歓迎です!)

ビーバー隊は、年長さんから小学校2年生までのスカウトです。
光が丘公園を拠点に、月に2回程度、土日を中心に活動しています。
活動の内容にもよりますが3時間程度の活動が多いです。

ビーバーのスカウトたちは、楽しく遊びながら、屋外での奉仕活動やフィールドゲーム、室内での工作など様々な活動を通して集団でのやくそくやきまりを学んでいきます。

カブ隊は、小学3年生から小学5年生のスカウトが対象です。光が丘公園を活動拠点としていますが、室内であったり、都外(郊外)での活動も活発に行っています。

社会に貢献する有能な国際人を育てることが、ボーイスカウトの目的です。その中のギャングエイジと呼ばれる児童期中期(小学3年~5年)の子ども達に、ゲームや野外活動を通じて物事のルール、仕組みや約束と定めを教えることがカブ隊の使命です。

ボーイ隊は、小6から中3までのスカウトが、2つの班に別れ、各班の班長を中心にそれぞれ班の特長を出して活動しています。
活動は、グリーンバー会議(班長と次長が出席)を開き、活動内容を決めます。必要に応じて、技能訓練を実施します。

例えば、ハイキングをすることにした場合、地図の見方、コンパスの使い方などを勉強します。各班長は、班会議を開催し、隊集会の内容を伝えるとともに、班員に技能訓練の習得結果を伝え、当月の隊集会に備えます。

住所

練馬区光が丘7丁目

主な活動場所

光が丘公園、光が丘・旭町・田柄周辺

参加対象

男女

HP/SNS
website