印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

野 口  聡 一
JAXA宇宙飛行士

1965年(昭和40)年生まれ。東京大学工学部航空学科卒業。同大学院工学系研究科修士課程修了。1991(平成3)年石川島播磨重工業入社。1996(平成6)年NASDA(現JAXA)入社。2005(平成17)年スペースシャトル「ディスカバリー号」によるSTS-114ミッションに参加。2009(平成21)年ソユーズ宇宙船フライトエンジニアとして、ソユーズTMA-17宇宙船(21S)に搭乗。現在JAXA宇宙飛行士グループ長。

私が宇宙飛行士に選ばれた大きな理由のひとつはボーイスカウトをしっかりやっていたということでした。アメリカの宇宙飛行士にもボーイスカウト出身者が多く、スカウト活動を通じたチームプレーの精神、そなえよつねにの精神は、宇宙飛行のような場面でも直接役立つものです。
スカウトの皆さんも、将来どのような場面でもきっと今の活動が役立つことを忘れず、日頃のスカウト活動をがんばってください。

ページの先頭へ