スカウトの日

スカウトの日とは?

毎年9月の敬老の日(第三月曜日)を「スカウトの日」として、全国のスカウトや指導者が地域社会への奉仕活動をはじめとする様々なスカウト活動を全国の各地域において一斉に展開し、加盟員一人ひとりが地域社会に貢献することを目的に実施しています。加えて、スカウト運動が地域社会に根ざした実践活動であることを広く社会にアピールする機会として取り組んでいます。
昭和49年(1974年)、北海道千歳市内で開催した第1回シニアースカウトフォーラムで『より良い社会を目指して、スカウトは何をすべきか』 について討議された結果、スカウト奉仕の日を全国的に展開することが提案されたことから、スカウトの日は始まりました。
持続可能な社会を目指して、自分たちができることから取り組むことで、みんなで地球を大切にする取り組みを行っています。スカウトの日は、地域清掃や植林活動、社会福祉施設の訪問など敬老の日にちなんだ活動、人権・平和・国際理解をテーマとした活動、地域のニーズによる地域の方々と共に行う身近な奉仕活動、また、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための活動などが、積極的に行われることを奨励しています。

昭和49年(1974年) 第1回シニアースカウトフォーラムにおいて、スカウト奉仕の日の全国展開を採択、提案する。
昭和50年(1975年) 5月の子どもの日を中心とした1週間を「スカウト週間」として、全国的にスカウトたちが街に出て、奉仕活動を展開していくことを決定。
テーマ「より良き社会を目指して/美しい日本を作ろう」
平成元年(1989年) 15年間にわたり、実施してきた「スカウト週間」の実施状況を再点検し、実施時期やテーマの変更について協議する。
平成2年(1990年) 実施時期を9月の敬老の日とし、名称を「スカウト奉仕の日」に改め、国際環境年にちなんだ清掃活動を展開する。
テーマ「スカウトカントリー(缶トリー)大作戦」
平成3年(1991年) 各参加団からの報告内容を整理・分析したうえで検討を行い、名称を「スカウトの日」に改める。現在までに続くプログラムの基礎ができあがる。
平成10年(1998年)~平成19年(2007年) 5つの活動内容に、国連やサミットで提唱する課題や環境問題として取り上げられるキーワードを加えて、清掃活動に限らないプログラムを展開する。
平成20年(2008年) 19年間継続してきたテーマ「スカウトカントリー(缶トリー)大作戦」の実施状況を再点検し、地域性や多様なプログラムを含めたプログラム展開について協議する。
平成21年(2009年) 地域ごとの多彩な活動を実施し、スカウト一人ひとりが今の地球上に起こっている問題について考え、行動することを期待し、新たなテーマを設定する。
テーマ「地球大好き! I Love the Earth.」
~平成31年(2019年) 全国での自然災害や集中豪雨等による支援が多く実施されたことから、災害復興支援の活動を活動内容に加え、現在の6つとなる。

活動資材申し込み受け付け中!

全国で一斉に実施する社会貢献活動「スカウトの日」では、様々な活動資材を作製・配布しています。毎年の各参加団からの報告内容を整理・分析したうえで、次年度の活動資材を検討し、活動日である9月にお届けできるよう手配しています。
※ 活動資材は、セブン-イレブン記念財団の協賛により作製・配布を行っております。毎年同じものを作製するとは限りません。

<作製例>
平成28年(2016年)FSC学習紙芝居、参加缶バッジ
平成29年(2017年)そなえよつねに絆創膏、参加缶バッジ
平成30年(2018年)のぼり旗、そなえよつねに絆創膏、参加缶バッジ

申込期間:2019年6月1日(土)~ 6月30日(日) 7月12日(金)<継続受付中>
(2019.07.17追記)資材の数量に限りはありますが、活動資材の申込みは継続して受け付けています。フォームよりお申込みください。
受付連絡:2019年7月17日(水)頃
申込締め切り後に一括して、いただいたメールアドレス宛に日本連盟事務局のメールアドレスから、受付完了のご連絡をお送りいたします。
(フォーム入力後、自動返信による受付メールは届きません。)
受付確認方法:フォーム画面が切り替わり、次の画面が表示されたら登録完了です。
資材発送(2019.08.29 記載)8月27日(火)より順次、全国の団に対して発送を開始しました。8月30日(金)までに発送完了予定です。

今年の活動資材の内容はこちら

環境マークプログラム

「プラ」「アルミ」「ペット」「FSC」など、私たちが生活する社会には多くの環境マークがあふれています。一度も見たことがないマークもあるかもしれません。買い物をしていても、自分の使っている道具を見ても、活動の中でゴミ拾いをしても、何かしらの環境マークを見つけられるはずです。
活動の中で様々なマークを探して、環境について振り返ったり自分たちができることについて考えたり新しいことに挑戦したり、といったきっかけにしてもらえればと思っています。

“ ぼくたち・わたしたちは、活動を通して自分たちができることから取り組むことで、持続可能な社会を目指した取り組みができると信じています。 ”

<発送物(予定)>

マークポスター 1部。様々なシーンで見かけるマークが一覧になったポスター。活動前にみんなで確認したり、見つけたマークのチェックで使えます。
かんきょうマーク図鑑 5部。カラー刷りで様々なマークの内容や用途が書かれている図鑑。マークの形や意味・色などをみんなで交代で調べて、仲良く使ってください。
マークリーフレット 30部。スカウトが持ち歩けるサイズでマークだけが書かれた紙。マークを探しに行くときに一人1枚もって、街に飛び出そう。
マークカード 10部。見つけてきたマークをスケッチしたり、自分なりの調査内容を書くための紙。足りなくなったらコピーして増やせます。
プログラムの手引き 1部。このツールを効果的に使うための指示書のようなもの。プログラム展開前にご確認ください。
参加記念バッジ 参加人数分(10個ごとに包装)。言わずと知れた缶バッジ。今年は各年代の帽子をモチーフとしたデザインです。

プログラム開発協力:一般社団法人地球温暖化防止全国ネット https://www.zenkoku-net.org/

実施案内

実施日 2019年9月16日(月・祝日)
主催 公益財団法人ボーイスカウト日本連盟
後援 文部科学省・厚生労働省・環境省(例年実績)
協賛 一般財団法人セブン-イレブン記念財団
テーマ 地球大好き! I Love the Earth.
活動内容 「環境保全・環境美化の活動」「社会奉仕活動」「一般児童を招待して展開する活動」「国際貢献に関する活動」「災害復興支援の活動」「各団、地区、県連盟の独自の活動」を展開します。地域のニーズによる地域の方々と共に行う奉仕活動を奨励しております。
実施方法 実施方法
①各団は、申込期間中に、日本連盟公式ホームページから参加申込み(資材申込み)を行ってください。
②日本連盟は、申込みがあった団に対し8月下旬を目処に活動資材一式を送付します。
③各団は、事業実施後、ホームページ上において活動の報告を行ってください( http://scout-project.jp/ )。
活動報告のお願い ・参加申込みと同様に、ホームページ上で活動報告を受付けております。
・「2019年度スカウトの日」の報告書の提出につきましてホームページ上での報告のみとなります。報告の締め切りは 10月31日(水)までとさせていただきます。ご協力をお願いします。

詳しくは「スカウトの日」のホームページ:http://scout-project.jp/をご覧ください。

参加記念バッジデザインの決定

2019年スカウトの日のバッジデザインが決定しました。
全国から多くの応募がありましたが、厳選な入選した作品は、岐阜県連盟 各務原第2団ボーイ隊副長 岩田真美恵 さんです!応募してくださった皆さん、誠にありがとうございます。

※なお、作品については、応募規定に基づき、実際の使用にあたっては当連盟で一部修正のうえ、実際のバッジとして使用させていただくこととなります。

この件に関するお問い合わせ

ボーイスカウト日本連盟事務局 教育開発部(スカウトの日担当)
TEL: 03-6913-6262 Fax: 03-6913-6263
Email: program@scout.or.jp