文字サイズ

<機関誌「SCOUTING」2022年9月号の記事を本サイトにも掲載しております。内容は機関誌発行当時のものです。>

北から南から各地のキャンプライフ

全国各地で分散開催となった今回のジャンボリー。各県連盟から届けられた、各地の様子をお伝えします。

 


 

1 北海道・東北ブロック

雄大な自然の中で繰り広げられる各地のジャンボリーサマー2022。宮城サテライト会場は中止を余儀なくされたが、急きょ札幌から大集会へ中継を行うなど、北海道・東北の仲間たちの姿に勇気づけられた。全国のスカウトたちもきっと同じ星空を眺めていたことだろう。


 

2 関東ブロック

多くの参加者が集った埼玉サテライト会場。八王子、大田2 拠点で展開された中央会場。神奈川サテライト会場は止む無く中止となったが、スカウトのために何かできないかと、1日限りの「ONE DAY JAMBOREE IN 東扇島」が急きょ開催された。それぞれの形で迎えたジャンボリーから、スカウトたちは何を学んだのだろうか。


 

3 中部ブロック

各地域で、その土地の特色を活かしたプログラムが行われた。自然に親しむ時間が、スカウトたちを一回りも二回りも大きくしてくれる。自分たちで考え行動したひとときは、何ものにも代えがたい経験になったことだろう。

 


 

4 近畿ブロック

荒天に見舞われたことも一つの思い出。たとえ一堂に会することができなくても、一緒に活動できる喜びを知ることができたのは、さまざまな状況を乗り越えてきたスカウトだからこそ。彼ら、彼女たちなら、画面越しのスカウトとも繋がりを感じることができたのではないだろうか。

 


 

5 中国・四国ブロック

学ぶときは真剣そのもの、そして活動するときは思いっきり。メリハリのある活動で今回のジャンボリーへ全力で打ち込んだ経験は、スカウトたちをきっと大きく飛躍させてくれたことだろう。

 


 

6 九州・沖縄ブロック

海のアクティビティーを楽しんだ熊本サテライト会場。地域の特色を活かしたプログラム展開は、分散開催となった今回のジャンボリーの特徴の一つとなった。急きょ参加できなくなった県連盟があったものの、会場に集合できたスカウトたちは、仲間に思いを馳せて今回のジャンボリーに臨んだ。またいつか皆で会える日を心待ちにしたい。


 

ボーイスカウト日本連盟機関誌「SCOUTING」2022年9月号にも掲載している内容です

<同じカテゴリー>の記事

第24回全国スカウトフォーラム アフターフォーラムアフターの開催について
第25回全国スカウトフォーラムの開催について