第13回日本アグーナリー

第13回日本アグーナリーは、2024年に開催を延期します

新型コロナウイルス感染状況を鑑み開催延期としておりました第13回日本アグーナリーは、下記の通り開催を予定することが決定しました。
(2020年5月13日開催 第1回理事会承認事項)

開催日程:2024(令和6)年8月8日(木)~12日(月・祝)
会  場:福島県 国立磐梯青少年交流の家

1.参加申込は2023(令和5)年に実施する予定です。ぜひ、今からご予定ください。
2.既に参加予定申込された方々からお預かりいたしました予納金は、6月以降に所属県連盟を通じて返金いたします。

第13回日本アグーナリー(13NA)開催延期日程の決定について(連絡)

大会を延期した事由
(1)政府から非常事態宣言も出され、新型コロナウイルス感染が拡大している状況下で、今後の感染者の増大、発生地域の拡大の恐れや終息時期が予想できない。
(2)感染拡大が留まらない状況下、国内外から多くのスカウトが会場へ集散する大会の特性により、会場への移動および長期の宿泊を伴うことにより感染リスクが高まる。
(3)会場での衛生管理の徹底、感染者が出た場合の医療機関との連携など、万全な対策を講じて実施する必要があるが、現時点で治療薬やワクチンの対応ができない状況にあり、障がいのあるスカウトの安全管理が十分に行えない。

 

第13回日本アグーナリー(13NA)開催延期について(連絡)

関連投稿記事の「まとめ」へ

大会公式ソング「かがやけアグーナリー」

大会期間中は、大会公式ソング「かがやけアグーナリー」を歌う機会がたくさんあります。
下記より、音源および歌詞、楽譜、手話がダウンロードできますので、参加者全員が手話もあわせて歌えるように、事前に隊集会等で練習しておきましょう。

※データ掲載は8月31日をもって終了しました。

参加申込

  • 参加申込は、予定申込と確定申込の2回に分けて実施します。
  • 予定申込後の参加者の変更は可能です。
  • 原則、予定申込みがない方は確定申込みすることはできません。
  • 予め参加人員の調整を行うために予定申込を行いますことをご理解ください。
  • 確定申込をもって正式の参加申込といたしますので、今後の情報にご留意ください。
  • 申し込みにあたっては、「参加申込要領」および「基本実施要領」をご覧ください。

多くの方々のお申し込みをお待ちしております。

参加申込要領 基本実施要領

<予定申込>

予定申込は終了しました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

  • 参加者は、「参加隊」か「本部スタッフ」のいずれかの区分でお申し込みください。
  • 入力項目は参加申込要領の様式見本をご参照ください。

申込用フォームリンク

「参加隊」用
「本部スタッフ」用

※それぞれの申込区分からお申し込みください。
※申込フォームに必要事項を全て記入し、「送信ボタン」を押しますと、フォームに入力したメールアドレス宛に「参加予定申込書」のファイルが送信されますので、メールを受信後に印刷し、団委員長の承認を得て、団を通じて、予納金(1人5,000円)を添えて、2020年2月15日までに所属県連盟へ提出してください。

<参加者の区分>

  • 参加隊:CS、BS、VS、RS、指導者、介添者
  • 本部スタッフ:VS、RS、指導者、都道府県連盟・日本連盟の役職員

※スカウトと指導者の資格は教育規程に準じます
※2020年度加盟登録(予定)し、全日程参加できる者。ただし、保護者等の介添者については、加盟登録を必要としない
※参加隊の編成に人数規定は設けないが、スカウトのみ、指導者のみの隊編成はできません。
※障がいスカウトとの交流を希望する団の参加も奨励します。
※参加者の少ない団は近隣の団と協議のうえ混成隊を編成できますが、参加申し込みは団単位で行ってください。複数の団で混成の参加隊を編成する場合は、必ず各団から有資格の隊指導者が参加してください。

<参加費>

  • 1人30,000円
    (予定申込時に予納金5,000円、確定申込時に残金25,000円)

※予納金は、大会の準備のための経費として使用することから、他の参加者の予納金として振り替えることはできますが払い戻しはしません。また、予納金は、参加確定申込の際に納入する他の参加者の参加費の一部として振り替えることはできません。
※参加確定申込の際に納入する参加費の残金は、他の参加者の参加費に振り替えることはできますが、払い戻しはしません。

<参加確定申込>

  • 令和2年4月上旬 公開予定

一般参加者募集

ボーイスカウト加盟員以外の一般の方の参加を募集します。
今年の夏は、ボーイスカウトと一緒にキャンプしながら障がいや個性について感じてみませんか?さまざまな楽しいプログラムがあなたを待っています!
※大会への参加にあたり、6月28日に会場で開催する「説明会」にご参加いただきます。

福島県内在学者(募集中)

参加対象者:通常学級に通う小学校3年生から6年生
支援学級・支援学校に通う小学校3年生から高等部3年生
詳しくは、<チラシ>をご覧ください。

大会をサポートしてくれるスタッフも募集しています。
サポートスタッフ:高校生・大学生(専門学校、大学院生も含む)
詳しくは<チラシ>をご覧ください。

一般参加者申込要領/申込書

・参加者申込要領/申込書(通常学級)
・参加者申込要領/申込書(支援学級・支援学校)
・サポートスタッフ申込要領/申込書

お問い合わせ・お申し込みはこちら

日本ボーイスカウト福島連盟事務局
〒960-8153 福島県福島市黒岩字田部屋 53-5 福島県青少年会館内
対応時間:10:00~16:00 休日:土・日曜日
TEL/FAX 024-546-4155E-mail:bs07-fukushima@viola.ocn.ne.jp

福島県外(全国)(4月上旬から募集開始)

参加対象者:通常学級に通う小学校3年生から6年生
支援学級・支援学校に通う小学校3年生から高等部3年生
サポートスタッフ:高校生・大学生(専門学校、大学院生も含む)、成人
※詳細は今後ご案内いたします。

デイビジター募集(6月上旬から募集開始)

日帰りでの参加者を募集いたします。ボーイスカウトの加盟員に限らず、どなたでもご参加いただけます。

資料

「大会チラシ」
「大会ポスター」
「現地説明会報告書」

 

大会イメージビデオ

アグーナリーには、楽しいプログラムがいっぱい!大会の様子をご覧ください!

大会基本情報

目的 日本アグーナリーは、キャンプを通じて、全ての参加者が障がいについての理解を深め、人格と個性を尊重し支え合えあう社会の実現を目指すことを目的とする。
目標 ①国内外の特別な配慮を必要とする青少年が相集い、自信と勇気に満ちた生活態度を自ら獲得できるよう努力する。
②障がい者への理解を深め、合理的な配慮や支援が行えるようにする。
③磐梯山麓の豊かな自然の中でのキャンプ生活を通じて、自然・人・社会との共生の大切さを体感する。
テーマ We Can! ふかめよう友情ゆうじょうひろげようきずな

We Can(私たちは、できるのだ)は、世界スカウト機構が、各国スカウト組織の指導者を対象として“健康や障がいについての意識”を高めていくために発行したプログラム資料の名称であり、世界的なボーイスカウト運動の中でも「障がい(者)」に対する意識を考える標語ともなりました。この言葉は、第8回、第9回ではサブテーマとし、第10回~第12回では、参加者それぞれが仲間と一緒に何ができるか、何をすべきかを考えるようこの言葉をテーマに設定しました。第13回も引き続き、この言葉をテーマとし、サブテーマには、開催地福島ならではのキーワードである「絆」を使用しました。

対象 障がいのあるスカウト、または一緒の活動を希望するスカウト
宿泊 固定野営または舎営
大会期間 2020年8月12日(水・祝)~16日(日)スタッフは8月11日(火)集合
会場 国立磐梯青少年交流の家(福島県耶麻郡猪苗代町字五輪原7136-1)
最寄り駅:猪苗代駅
規模 1,200人(予定)
参加費 30,000円

日程

8月11日(火) 午後:準備・事前研修
夜 :全体会
8月12日(水) 午前:準備・事前研修
午後:参加隊入場・設営
夜 :開会式
8月13日(木) 午前:場内プログラム  、場外プログラム(全体の3分の1)
午後:場内プログラム
夜 :国際交流の夕べ
8月14日(金) 午前:場内プログラム、場外プログラム(全体の3分の1)
午後:場内プログラム
夜 :フォーラム
8月15日(土) 午前:場内プログラム、場外プログラム(全体の3分の1)
午後:場内プログラム
夜 :磐梯の夕べ
8月16日(日) 午前:環境整備・閉会式

現地説明会

大会開催のちょうど1年前にあたる本年8月11日(日)から12日(月)の1泊2日、福島・国立磐梯青少年交流の家で現地説明会を開催。20県連盟56こ団から74人が参加し、会場視察、準備状況報告、質疑応答や意見交換を行いました。
現地説明会の報告書を掲載していますので、参加を検討されている隊などは、ぜひ参考にしてください。
※報告書のフォントには、「UD(ユニバーサルデザイン)教科書体」を使用しています。
現地説明会の報告書はこちら(PDF)

大会シンボルマーク

連盟機関誌「SCOUTING」2019年1月号やホームページ等で公募した第13回日本アグーナリーの大会ロゴデザインについて、実行委員会での審査の結果、全50 作品の中から次の作品が入選・佳作となりました。多くの方々にご応募いただきありがとうございました。

入選/天野 穂積(一般・グラフィックデザイナー)
男の子と女の子が手をひろげる仕草をモチーフとし、テーマである「We Can ! ふかめよう友情! ひろげよう絆!」を表現しました。また男の子と女の子がかかげる山は磐梯山、湖は苗代湖等をイメージし、開催地の特徴を強調してみました。

佳作 中嶋 広志(岐阜・可児第1団団委員)

佳作 木村 夏歩(一般・大学生)

アグーナリーをサポート

●大会をご支援いただける、企業・団体さまを募集しております。
詳細はこちら(第13回日本アグーナリー大会協力のお願い)(PDF)
●ブックオフの買取サービスを通じて、ご家庭の不用品で本大会をご支援いただくことができます。
詳しくは、こちらをご覧ください。
周りの方にこのことを広げていただくためのチラシを準備しました。ぜひご活用ください。<チラシ>

過去の大会情報

報告書や大会ヒストリーをご覧いただけます。
https://www.scout.or.jp/12na/