58.簿記章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 次に揚げる簿記検定試験のいずれか1つに合格すること。
    ア) 日本商工会議所主催の簿記検定3級
    イ) 公益財団法人全国商業高等学校協会主催の簿記実務検定第2級
  2. 決算書などを例示し、次のことを説明できること。
    ア) 流動資産と流動負債
    イ) 引当金
    ウ) 営業外損益
    エ) 固定資産と減価償却
    オ) 付加価値または仕訳帳

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【検定証提示】

  • 細目2のポイント 【口述】

  • 決算書などは考査員が用意する。
  • 改訂箇所

    • [2020.03.03]技能章細目の改訂
      1-イ:法人名の変更(財団法人→公益財団法人)

    企業・団体紹介