55.土壌章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 酸性土壌の検出法2種以上について説明でき、その1種について実演すること。
  2. 土壌の化学的成分を説明できること。
  3. 湿土の取り扱いと改良法について説明できること。
  4. 農耕地の土壌改良法3種以上をあげ、説明できること。
  5. 次のうち1種について説明できること。
    ア) 農耕地または芝生の地力の劣化防止法2種以上
    イ) 荒地の再生法3種以上
  6. 農耕地で5種の耕土を採取し、びん詰めとして標本を作り、採取の場所を記して提出すること。
  7. 近隣の地形をもとに土壌の崩壊を防ぐプランを立案し、設計図により説明できること。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述・実演(1種)】

  • 細目2のポイント 【口述または記述】

  • 細目3のポイント 【口述または記述】

  • 細目4のポイント 【口述または記述】

  • 細目5のポイント 【口述または記述】

  • 細目6のポイント 【作品(標本)の提出】

  • 各種の特徴を説明させるとよい。
  • 細目7のポイント 【口述、作品(設計図)の提出】

  • 企業・団体紹介