37.環境衛生章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 環境衛生の意義を知ること。
  2. 日常の掃除を自発的に行い、道路・駅前など公共の場所の清掃や町の美化活動、再資源化活動に積極的に参加すること。
  3. 蚊、ハエ、ゴキブリ、ネズミ、その他人間に害を与える動物、虫等、5種類について、次の説明ができること。
    ア) 種類と発生場所
    イ) 生態と習性
    ウ) 伝播する病毒
    エ) 繁殖力
    オ) 駆除法
  4. 家庭内でできる簡便な消毒法及び下水、水たまりなど病毒の発生源となる場所の消毒法について説明し、その使用薬剤を知ること。
  5. 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」で指定された、次の病気に関して、主な症状、伝染経路を知ること。
    ア) 細菌性赤痢
    イ) 腸管出血性大腸菌感染症
    ウ) 破傷風
    エ) つつが虫病
    オ) 日本脳炎
  6. キャンプにおける用便、ゴミ処理ならびに食糧保管について、衛生上注意する点を知り、実際に1班が使用するのに十分な便所、ごみ穴を作った経験があること。
  7. 3泊以上のキャンプにおいて衛生管理項目を作成し、隊長の承認を受けること。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述または記述】

  • 細目2のポイント 【報告書の提出】

  • 隊長の証印を要する。
  • 細目3のポイント 【口述または記述】

  • 細目4のポイント 【口述または記述】

  • 細目5のポイント 【口述または記述】

  • 細目6のポイント 【報告書の提出】

  • 報告書には、設計図、スケッチなどを含む。
  • 隊長の証印を要する。
  • 細目7のポイント 【報告書の提出】

  • 報告書には、チャックリストおよび隊長の証印を要する。
  • 企業・団体紹介