56.農機具章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 現在一般的に使用している農機具類の名称、使用法、手入れ法を説明できること。
  2. 原動機付農業機械と同じ作業を人力または蓄力で行う場合と能率の差、機械化による功罪を説明できること。
  3. 次の機器のうち3種以上の運転操作ができ、安全と保守管理の注意点を説明できること。
    ア) コンバイン
    イ) 草刈機
    ウ) 耕うん機
    エ) 通風乾燥器
    オ) 自動田植機
    カ) 病虫害防除機
    キ) 揚排水ポンプ
    ク) 脱穀機
  4. 農機具の移り変りについて、レポートを提出すること。
  5. 農機具の新案、改良の図面等を提出し、説明できること。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述または記述】

  • 細目2のポイント 【口述または記述】

  • 細目3のポイント 【実演(運転操作)
    口述】

  • 1と関連して実施してもよい。
  • 細目4のポイント 【報告書の提出】

  • 細目5のポイント 【作品(図面など)の提出】

  • 専門的になりすぎないように。
  • 企業・団体紹介