74.パワーボート章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 水泳章を有すること。
  2. 2級小型船舶操縦士(総トン数5トン未満限定)免許を取得すること。
  3. 海上衝突予防法について述べ、2つ以上の事例について各船のとるべき処置を述べること。
  4. 海難防止の処置について設問に答えること。
  5. 他船を曳航して最寄りの港に入港すること。
  6. 船長として10海里以上の航海を行い、その記録を提出すること。

〈 ※ 水辺・水中・水上の活動については、安全器具(ライフジャケット等)が正しく取り扱えること。〉

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【水泳章の提示】

  • 細目2のポイント 【免許証の提示】

  • 細目3のポイント 【口述または記述】

  • 細目4のポイント 【口述または記述】

  • 細目5のポイント 【実演または実施報告書の提出】

  • 細目6のポイント 【記録の提出】

  • 企業・団体紹介