19.世界友情章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. スカウト運動の始まりを簡単に述べ、世界事務局へ登録している国々を30か国以上、地図上で示すこと。
  2. 次のことがらについて研究し、簡単な報告書を提出すること。
    ア) 5か国以上の外国の地理、歴史、民族および文化
    イ) 3人以上の外国の国家的英雄、偉人
    ウ) 国連憲章と世界人権宣言の主旨
    エ) 国連の組織、機構、機能及びおもな活動
  3. 15か国以上の外国旗を描き、その各々の制定の由来、象徴されている精神などについて、簡単に報告すること。
  4. 5か国以上の外国スカウト章を描くか、または収集して提示すること。
  5. 外国スカウトと外国で3か月以上文通し、相互理解と友情の促進に努力し、3回以上便りのやりとりがあること。(さしつかえないかぎり、便りを考査時に提示する)
  6. 上記(5)の外国語について、興味あることがらをテーマにして資料を収集し、研究結果を簡単に報告すること。
  7. スカウトとして、世界友情にどのように役立つことができるかにつき、自分の考えを簡単にまとめて提出すること。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述】

  • 細目2のポイント 【報告書の提出】

  • 細目3のポイント 【作品の提出および報告書の提出】

  • 細目4のポイント 【作品の提出】

  • 細目5のポイント 【作品の提出(便り)】

  • 細目6のポイント 【報告書の提出】

  • 細目7のポイント 【報告書の提出】

  • 改訂箇所

    • [2020.03.13]技能章細目の訂正
      6:細目の訂正(外国語→外国)

    企業・団体紹介