29.書道章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 中国及びわが国における書の変遷と現代の書の動向について述べること。
  2. 20字程度の漢字仮名まじり文を選び、楷書・行書及び草書で書いた作品を提出すること。
  3. 漢字(楷書)の基本点画を初心者に正しく指導できること。
  4. 書写の用具、用材について一般的な知識を有し、その正しい取り扱いができること。
  5. 古典または現代書家の作品について、表現効果、造形要素、制作の意図などの観点から鑑賞し、その感想を述べること。
  6. 作品を2回以上展示会に出品した経験を有すること。
  7. 団または地域社会での行事で使われる立看板、式次第などを作成すること。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述または記述】

  • 細目2のポイント 【作品の提出】

  • 細目3のポイント 【実演】

  • 細目4のポイント 【口述または記述
    および実演】

  • 細目5のポイント 【記述】

  • 感想文の提出。
  • 細目6のポイント 【証明書の提示】

  • 家庭、学校、主催団体等の証明。
  • 細目7のポイント 【隊長の証印】

  • 企業・団体紹介