18.手話章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 聴覚障がい者が社会生活を営む上で生じるハンディキャップを4つ以上あげ、それを改善する方法について述べること。
  2. 耳栓等を用い、ろう・難聴の状態で1時間勉強する、テレビを見る、家の近くで用事をするなど日常生活をしておこった問題、その対応などについて体験を報告すること。
  3. 手話の特徴、構造及び表現様式について説明すること。
  4. 日常の交際または偶然の機会に聴覚障がい者と手話で会話し、そのときの状況、話題、感想などを簡単に報告すること。
  5. 手話通訳(口話も含む)にあたっての姿勢(心がまえ)について説明すること。
  6. 聴覚障がい者の福祉について、自分が今後なにをしようとしているか考えを示すこと。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述または記述】

  • ろうの場合と難聴の場合とに分けて考えさせる。
  • 細目2のポイント 【報告書の提出】

  • 細目3のポイント 【口述または記述】

  • 実演を加えるようにするとよい。
  • 細目4のポイント 【報告書の提出】

  • 細目5のポイント 【口述または記述】

  • 細目6のポイント 【記述】

  • 企業・団体紹介