21.点字章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 視覚障がい者が社会生活を営む上で生じるハンディキャップを4つ以上あげ、それを改善する方法について述べること。
  2. アイマスクを用い、全盲状態で次のア、イの体験をすること。
    ア) 家の中で日常生活をする。
    イ) 安全確保のための補助者を伴い買い物に行く。
  3. 点字の五十音(清音・濁音・半濁音・拗音・長音を含む)を覚え、点字板を使って7日間以上の日記または隊キャンプ等の活動の記録を書く(打つ)こと。
  4. 視覚障がい者の福祉について、自分が今後何をしようとしているか、考えを示すこと。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述または記述】

  • 盲と弱視との場合に分けて考えさせる。
  • 細目2のポイント 【実際に体験した報告書の提出・口述】

  • ア)実際体験に基づいた日常生活(買い物や食事・入浴等の項目別に報告させる)。
  • イ)実際に体験し、感想を述べること。
  • 細目3のポイント 【点字および普通文字による報告書の提出】

  • 簡単な文章を打たせてみる。
  • 細目4のポイント 【記述】

  • 抽象的記述ではなく、具体的記述であること。
  • 企業・団体紹介