72.登山章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 世界及びわが国における登山の歴史について述べること。
  2. 目的とする山を設定し、準備した20万分の1の地勢図及び5万分の1または2万5千分の1の地形図を読んで、登山計画書を作成すること。
  3. ラジオ放送の気象通報によって天気図を作成すること。
  4. 7月下旬・4泊5日・4人のパーティー・山小屋利用を条件とする北アルプス縦走の登山準備表、及び食糧計画書を作成して、その要点を説明すること。
  5. 歩行技術の基本について説明し、尾根歩き、沢歩き、やぶこぎ、ガレ場、雪渓、岩場など危険な場所を通るときの注意を指摘すること。
  6. 山小屋利用及びテント利用の生活で留意すべき点について述べ、不時露営の方法とすごし方を説明すること。
  7. 山小屋利用の縦走登山(無雪期、中級山岳)5回以上を実施した経験を有すること。
  8. これまでの山岳遭難事故例を原因別にあげ、その予防と遭難時の処置について述べること。
  9. 自然愛護の意義を知り、登山者として守るべき注意事項をあげて説明すること。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述または記述】

  • 細目2のポイント 【計画書の提出】

  • 細目3のポイント 【実演】

  • 気象通報を聞かせて行う。
  • 細目4のポイント 【計画書の提出
    口述または記述】

  • 細目5のポイント 【実演および
    口述または記述】

  • 考査員が同行して行う。
  • 細目6のポイント 【口述または記述】

  • 細目7のポイント 【記録の提出】

  • 細目8のポイント 【口述または記述】

  • 細目9のポイント 【口述または記述】

  • 企業・団体紹介