62.養豚章 – 技能章

細目・取り組み内容

  1. 豚の品種について次の3種を見分け、それぞれの特質を簡単に説明できること。
    ア) 大ヨークシャー種
    イ) ハンプシャー種
    ウ) ランドレース種
  2. 生後6か月までに与える豚の飼料について、1か月ごとの種類、配合、分量、1日の回数、及び給餌上の注意事項を記した給与表を作成すること。
  3. 豚の体重を「体重簡易測定法」を用いて計量できること。
  4. 仔豚登記と種豚登録の意義、その書類に記載することがら及び提出時期、方法を説明できること。
  5. 豚の次の病気について、それぞれの症状と予防法を説明できること。
    ア) 豚コレラ
    イ) 日本脳炎
    ウ) 下痢
    エ) 寄生虫による病気
  6. 豚舎(20~50頭収容)の設計図を書き、これに基づいて自分の考えを述べること。
  7. 1頭以上の豚について、1か月間の観察記録を資料とした飼育日誌を提出すること。

考査のポイント

技能章考査のポイント(PDF)

細目1のポイント 【口述または記述】

  • 実物または図示による。
  • 細目2のポイント 【作品(給与表)の提出】

  • 6か月の発育状況を理解していること。
  • 細目3のポイント 【実演】

  • (例)体重(貫)=体長(尺)×胸囲(尺)×2
  • 細目4のポイント 【口述または記述】

  • 日本種豚登録協会の規程を参考にする。
  • 細目5のポイント 【口述または記述】

  • 健康状態の特色と病気の早期発見を理解していること。
  • 細目6のポイント 【作品(設計図)の提出】

  • 設備、配置、作業性など。
  • 細目7のポイント 【報告書の提出】

  • 作業の内容を主に、特に飼料についても記録させる。
  • 企業・団体紹介