社会連携・広報委員会 2020年度 第18回:定例ミーティングを開催しました

日時:2020(令和2)年12月17日(木)19:30~21:30
場所:オンラインにて開催
出席:委員長   澤 朋宏 (愛知)
委員    山本慎太郎(東京)、安部 秀(神奈川)、川瀬政美(大阪)、
張ハンビッ(京都)、山本浩介(兵庫) 、藤田大悟(学識経験)
参席:財務委員会より 出田行徳 委員(長野)
国際委員会より 大石千秋 委員(兵庫)
事務局 社会連携・広報部 木本、高野

※本レポートは「速報」的にまとめたものであり、見難い点があることをご容赦ください。
 半年に一度、「委員会レポート」として詳細版をリリースの予定です。

議題
<主な報告>
◯新しい委員の選任について
◯次年度事業計画および予算案の進捗
◯ワクワク自然体験あそび 進捗
◯企業連携

<コミュニケーション>
◯組織内流通改善
◯連盟HPの運用
◯連盟SNSの運用
◯ご意見窓口
◯PRドリームチーム

<広報事業>
◯フォトコンテスト
◯ムービーコンテスト
◯富士スカウト顕彰オンライン
◯文科省追加事業
◯「元気団」(3委員会共管)セミナー

<社会連携>
◯スカウトと社会をつなぐ場所
◯新チャレンジ章
◯ともにすすもう
◯寄付月間

以下、議論の簡易報告

<主な報告>

・新しい委員の増員について
藤田大悟委員の就任(元・千葉県連盟 富士スカウト)

・次年度事業計画および予算案の進捗状況について
第1次事業査定終了 →財務委員会、第2次査定へ。
事業計画立案と予算案策定の改革の年 改善が続く

・ワクワク事業の進捗状況について
延期・中止が多々でてきている
◯申込者に自動返送メールの設定を →今後の制作分に追加実施。二重申し込み防止

・企業連携状況について
別項に記載のとおり、新チャレンジ章の打診あり

<コミュニケーション>

1.組織内情報流通改善に向けて
※大きなテーマの話なので、ひとつの「タスク」ではなく、複数のタスクの方向性を定める   「ベクトル」と捉え、あるべき形の模索を続けていく

2.連盟ホームページの管理について
ウェブサイト運用ガイドラインの策定
→25日金までに委員会内スケジュール提示を
各種委員会へのID,Pass配布
→準備をすすめる 委員長からの依頼書を添えて発信
日本連盟へのご意見窓口
→進める 問題なければ早々に開始できるように
3.連盟SNSの管理について
運用ガイドラインの策定を進める
→管理は事務局と委員会との共同作業へ

4.PRドリームチーム
現状名簿の共有を急ぐ
前期メンバーへの返答催促進める
来年3月の「合同委嘱更新」へ向けた働きかけの開始を
「DTチーム通信」運用
DT活用(タスク募集、タスク結果報告)
(新)メディア掲載事例リスト共有

<広報事業>

5.フォトコンテスト
今年度実施分のツメを。
次年度開催分の検討 「デジタル部門」開設へ

6.ムービーコンテスト
審査結果シェア
次年度開催分の検討 要項検討スケジュール

7.富士スカウト顕彰オンライン
概要シェア
プログラム委員会・コミッショナーグループと協働で、コロナ禍の中で何が実施できるか検討

8.ワクワク関連 文部科学省オファー追加事業
「体験」についてのフォーラムを開催へ
→体験して学ぶことの意義を広く発信

9.「元気団」(3委員会共管)セミナーへの取り組みについて
スケジュールを確認
来年度の運営方針
→コンテンツの見直しと拡充 コンテンツの改称・取り下げも検討 2月末まで検討

<社会連携事業>

10.スカシャカ
次回開催分について
講師調整完了。実施日は2/5(金)の予定
講師候補に渡す「趣意書」 →作成中
2ラインめを「スカシャカ ようこ、先輩」と定める
若く、現場で活躍している世代の人を講師に

11.新チャレンジ章 企業コラボバッジ 次年度に向けて
◯新規提案打診あり → 事務局職員にて交渉・相談開始
◯プログラム委員会の関わり方を明確に

12.ともにすすもう助成
◯予算に掲げた集める目標金額など
→年始の書き損じハガキ、ブックオフ、目的寄附
年末年始〜年度末は強化月間。周知の増大を

13.寄付月間
◯ともすす助成に焦点を当てた啓発活動について
もったいない寄付PR SNS・HP掲載でアピール

その他
◯議連ページを日連ホームページからリンクする
◯手洗いスカウトの写真をダウンロードページへ
◯野口さんページのハッシュタグ拾えていない問題、インスタ機能しているか要確認。
トップ、自然体験の直下くらいに置くように