資金醸成小委員会(第2回)開催報告

2022年5月18日(水)20:00-21:00 オンライン
出席:井上義雄委員長、鈴木俊明、徳永健⼈、宮下真美、村井庸平 各委員
参席:和田剛和財務委員長 事務局:山田哲司 

【議題】
1.役割分担と進め方の方針について
[企業連携] 鈴木、村井
 ・旧来の枠にとらわれずに取り組みしたい。日本連盟と県連盟の関係にも配慮して進めていく。
 ・お金が集まるとどんな変化が生まれるのかをどのようにしたら伝えられるか。
[個人からの寄付拡大]宮下、徳永、村井
 ・大学などの事例も参考に、OBOGをいかにして巻き込むかを検討。特に大学も100周年を迎えているところが多いので、参考にする。
[助成金/補助金]徳永、宮下
 ・既存の助成金活用状況を把握
 ・日本連盟単体だけでなく、コンソーシアム型で申請主体に慣れないか。
[遺贈]井上
 ・遺贈を取り巻く状況の確認とどのような仕組みを整えればよいか

2.テーマ「遺贈」 井上
現状についての認識をすみあわせた上で、意見交換を行った
 ア)現状について昨年の遺贈寄付ウィークで、遺贈についての一般の意識調査と受入団体側のアンケートが公開された。
 イ)他団体では、受入について団体独自のパンフレットを用意している。特に自然環境系の団体でも、終活セミナーや遺贈相談会などを実施。遺贈は難しいものではない。
 ウ)遺贈を取り巻く環境の変化が追い風になっている
特に土地の登記が義務化されると、相続財産から除くために、遺贈に土地が避けて通れない。包括遺贈できるところが強い。

◆遺贈についての方向性(案)
 ・信託銀行との関係性は大事に保つものの、組織内部で明確な担当と体制をとる
 ・遺贈受け入れ促進のためのハンドブック(パンフレット)を用意する。各県連盟が活用できるように
 ・スカウト関係者のための終活セミナー(仮称)の開催→全国大会など
 ※次回には、遺贈受け入れについての知識を共有

3.今後の進め方について
今月からオンラインで毎月1回第3水曜日に定例で開催する。
6/15水 助成金(徳永/宮下)
7/20水 個人(宮下/徳永)
8/17水 法人(鈴木、村井)
9/21水 遺贈(井上)

 

この件に関するお問い合わせ

ボーイスカウト日本連盟事務局 資金醸成小委員会担当
Email: bokin@scout.or.jp