令和4年度AIS委員会、ディレクター会議の開催報告

AIS委員会・日本連盟ディレクター会議 合同会議(臨時第2回)

日 時:令和4年8月30日(火) 20:00~22:30
開 催:オンライン開催(Google Meet)
出席者:栗田哲郎委員長、他 委員4人、正副ディレクター4人
1.各作業チームの進捗報告
 (1)全県連盟における指導者養成に関する現状を把握
 (2)トレーナー制度の改革検討
 (3)コミッショナー任務別研修の整備
 (4)全ての成人指導者への任務別研修の策定
 (5)指導者定型訓練の充実
2.指導者のリクルート方法について 他

8月初旬の臨時会議(第1回)で確認したAIS委員会が所管する検討事項について、各作業チームから検討した内容について、中間報告がありました。
各種定型訓練の見直しについては、検討内容に対して様々な意見が挙がったこともあり、今後、県コミッショナー等の意見も取り入れながら検討を進めていくこととしました。


AIS委員会・日本連盟ディレクター会議 合同会議(臨時第1回)

日 時:令和4年8月2日(火) 20:00~22:00、4日(木) 20:00~22:00
開 催:オンライン開催(Google Meet)
出席者:栗田哲郎委員長、他 委員4人、正副ディレクター4人

以下、詳細(クリック)

議題
1.日本連盟コミッショナーグループの動き
2.日本連盟定型訓練コース 令和5年度開設申請について
3.各作業チームの進捗報告
 (1)全県連盟における指導者養成に関する現状を把握
 (2)トレーナー制度の改革検討
 (3)コミッショナー任務別研修の整備
 (4)全ての成人指導者への任務別研修の策定
 (5)指導者定型訓練の充実
4.小委員会の進捗
5.今後の課題 他

AIS委員会が所管する検討事項について、各作業チームから進捗状況の報告と、その内容について協議しました。
各県連盟における指導者養成の現状を把握する目的で、アンケートの実施を予定しており、その実施方法や質問項目について確認しました。定型訓練の他に、定型外訓練についても調査対象とします。
トレーナー制度については、引き続き見直しの検討を進めており、トレーナー一人ひとりの顔が見えるような方策を検討しました。
その他、今年度から定型訓練としてスタートしたコミッショナー研修の評価と見直しや、役員や理事を対象とした研修、既存の定型訓練の見直しなどを協議しました。


日本連盟ディレクター会議(第2回)

日 時:令和4年7月3日(日) 9:00~12:00
開 催:オンライン開催(Google Meet)
出席者:平田恭一ディレクター、他 副ディレクター4人

以下、詳細(クリック)

議題
1.AIS委員会報告
2.トレーナー制度の見直し
3.新任副リーダートレーナー研修会について
4.全国ディレクター研究集会、トレーナー研究集会について 他

前日に開催したAIS委員会の検討事項を踏まえて、各種課題に対する検討を行いました。
様々な指導者訓練について、訓練効果を上げるためのスタッフの育成や選任方法、訓練目標の見直しなどについて協議しました。
全国のトレーナーに活躍していただくための方策を模索し、また、トレーナーの底上げを図るべく、関連する研修について、その内容を見直すこととしました。


AIS委員会(第2回)

日 時:令和4年7月2日(土) 9:00~13:00
開 催:オンライン開催(Google Meet)
出席者:栗田哲郎委員長、他 委員2人

以下、詳細(クリック)

議題
1.AIS委員会事業タスクについて
2.令和4年度日本連盟主催コースの開設状況確認と令和5年度開設計画
3.小委員会の進捗
4.指導者のリクルートについて 他

AIS委員会の事業タスクシートに基づき、取組内容や進捗の確認を行いました。
検討範囲が多岐にわたることから、優先順位を付けながら、迅速に対応してくこととしました。
また、令和4年度の日本連盟主催コースのうち、春に開設した5コースの反省を踏まえて、令和5年度の開設計画について協議しました。コロナ禍ということもあり、コースへの参加者が少ない中でのコース運営の課題を抽出し、対策を検討しました。


AIS委員会・ディレクター会議 合同会議(第1回)

日 時:令和4年4月23日(土) 13:00~24日(日)11:50
場 所:国立オリンピック記念青少年総合センター
出席者:栗田哲郎委員長、他 委員4人、正副ディレクター4人

以下、詳細(クリック)

議題
1.令和4年度AIS委員会方針
2.令和4年度の通年事業予定
3.AIS委員会の事業タスク
4.令和4年度全国大会
5.スキルアップアドバイザーの募集 他

AIS委員会として新たなスタートを切り、委員長から委員会方針が示されました。今後は様々な施策を推進していくことになるので、教育系としてプログラム委員会と足並みをそろえて検討を進めていくことを確認しました。
指導者養成委員会から持ち越した事業や、通年で実施している事業、修了した委員会から引き継いだ事業などを整理し、進め方や担当者について協議し、確認しました。


この件に関するお問い合わせ

ボーイスカウト日本連盟事務局 指導者養成担当
Email: training@scout.or.jp