文字サイズ

食べ物や衣服など、自分たちの生活に必要なものは「道路」を通じて私たちの手元に届きます。地域と地域とをつなぐ道路の種類には違いがあること、道路を安全・快適に利用できるよう多くの人によって守られていることを知っていますか?高速道路を通じて地域社会の発展と暮らしの向上を支える、NEXCO東日本とともに、私たちの地域や道路の今と未来について一緒に考えましょう。

企業担当者より

NEXCO東日本は、お客さまが高速道路を24時間・365日、安全・安心・快適・便利にご利用いただけるよう、「高速道路の建設・管理」「サービスエリアの運営」「新事業の創造・推進」等の活動を行っており、国内における人やモノの移動を支えています。カブスカウトの皆さまには、高速道路の機能や役割を学んだうえ、未来の高速道路の姿も描いていただき、「ハイウェイナビゲーター」のバッジ取得にチャレンジしてみてください。

細目・取組内容

細目

1. 高速道路と一般道路(国道、県道、市町村道等)との違いを3つ以上調べる。
2. 身近な商品や食べ物が、どのようなルートで運ばれてくるか考え、地図でたどる。
3. 人または、環境にとって、高速道路が与える良いことと悪いことをまとめる。
4. 未来の高速道路で実現してほしいことを家族や仲間と話し合い、そのアイデアを発表する。

ワークブック

ワークブック ダウンロード(PDF)
実施の手引き ダウンロード(PDF)

プログラムパッケージ

ワークブック、バッジ:申請数に応じて、お送りします。
実施の手引き:各隊3部ずつ、各隊指導者向けの資料としてお使いください。

プログラムの応募

<今年度の募集は応募は終了しました>

スケジュール

【第10期募集】
応募期間 :01月05日(金)~ 01月31日(水)
結果通知 :02月06日(火)までに通知します。
資材送付 :02月上旬から順次発送(予定)

※ この日付までに連絡がない場合は事務局へご一報ください。
※ 応募期間中にプログラムパッケージの数量が上限に達した場合は、途中で締め切ることがあります。

【活動の進め方】
1. 上記細目やワークブックを確認・ダウンロードして、プログラム立案および活動準備をお願いします。
2. 年度の取り組み集約を行うため、2月末日までに活動を実施できるようご協力ください。
3. 活動実施後、1か月を目安として報告をお願いします。3月末日までに報告を終えるようご協力ください。

実施報告

活動実施後、1か月を目安として、フォームから実施報告をお送りください。

【報告いただく内容】
□所属(県連盟・団) □報告者氏名 □実施日時 □概要・展開 □バッジ取得スカウト数 □スカウトの宣言 □指導者の気づきやご意見 □活動時の写真(ご家族の許諾確認含む)

<本プログラム用報告項目>
□未来の高速道路で実現してほしいこと・アイデアはどんなものがありましたか?(任意)

<活動写真の送付>
・昨年度は実施報告の写真を任意としておりましたが、活動実施数が少なくなったこともあり、今年度はできる限りご報告に添えていただけますと幸いです。

実施報告する

【活動時の写真報告方法】
本フォームでは、活動写真をアップロードすることはできません。普段お使いのファイル共有サービスをお使いいただくか、以下のオンラインストレージをご利用の上、写真(最大5点)をアップロードしたURLをお知らせください。(ストレージとは、インターネット上でデータが保管できるディスクスペースのことです)
◎Googleドライブ https://drive.google.com/
◎ファイアストレージ http://firestorage.jp/

企業・団体紹介

NEXCO東日本(東日本高速道路)
NEXCO東日本は、お客さまが高速道路を24時間・365日、安全・安心・快適・便利にご利用いただけるよう、東日本地域における高速道路の建設事業・管理事業、サービスエリア事業および関連事業を行っており、国内における人やモノの移動を支えています。また、「地域をつなぎ、地域とつながる」を CSRキーワードとして各種取組みを推進し、事業を通じて持続可能な発展に貢献してまいります。

<同じカテゴリー>の記事