全国防災キャラバン

<機関誌「SCOUTING」2022年5月号の記事を本サイトにも掲載しております。内容は機関誌発行当時のものです。>

2022年度は日本連盟創立100周年記念の企画を展開
全国防災キャラバン

地域の子どもとその家族を対象に、2016年から継続開催している「全国防災キャラバン」。
2021年度は新型コロナウイルス感染症の全国的な感染拡大により、全国20会場ほどの開催になりましたが、会場ごとにプログラム内容や実施方法を工夫していただき、地域の防災に対する認知向上に貢献しました。今年もコロナ禍が続くことを想定しながら、「いつ起こるか分からない災害」への備えの大切さを体験してもらう本活動を、全国のイオンモール等で開催します。

2021年度の開催報告

開催会場/19県連盟 25会場(うち3会場はパネル展示形式)
主催・共催/ボーイスカウト日本連盟・ボーイスカウト都道府県連盟、イオン株式会社・イオンモール株式会社
後援/文部科学省
※会場ごとに地元行政などから後援等を得ている場合があります。多くの会場が延期や中止になりましたが、実施できた会場の様子を一部ご紹介いたします。

群馬・イオンモール太田

地元行政から着ぐるみを借りたり消防署からアルファ米の提供を受けたりと、地域で連携した取り組みを実施。

愛知・イオンモール新瑞橋

全国共通プログラムに加え、地区独自のプログラムを追加してラリ ー形式で展開するなど、「楽しみながら学ぶ」という本キャラバンのコンセプトを意識しながら工夫を凝らして展開。

島根・イオンモール出雲

行政・消防・警察・自衛隊の合同防災関連イベントとして行い、コロナ禍における足並みを諸団体と揃えるために展示物を中心に展開。募集チラシやカブブックなどを展示し、会員拡充の機会につなげる。当日は地元メディアからの取材も。

Topic

内閣府等が主催する「防災推進国民大会」(ぼうさいこくたい)が2021年11月に岩手・釜石市で開催され、岩手連盟の協力によりボーイスカウトとして防災プログラムを実施しました。

2022年度の活動ポイント
[1]思いやり防災

2021年度から導入している「思いやり防災」のプログラムを2022年度も継続します。高齢者や障がいのある方など多様な人がいることを知り、災害が起きたときにお互いが助け合うことを考えるきっかけにします。

[2]コロナ禍でも「Never Stops!」

昨年は、新型コロナウイルス感染症の影響により多くの会場が開催中止になりました。しかし、そのような中でもパネル展示を行うなど、地域の方に少しでもボーイスカウトが行う活動の取り組みや防災の大切さを伝える活動を展開する会場もありました。2022年度は、パネル展示形式での開催に活用できる共通資材を準備します。

[3]日本連盟創立100周年記念企画

日本連盟創立100周年にあたる2022年は、これからの100年に向けたスタートの年でもあります。防災キャラバンの機会に、地域の方々と一緒に次代の街づくりを行うことができる企画を準備していきます。

ボーイスカウト日本連盟機関誌「SCOUTING」2022年5月号にも掲載している内容です