社会連携・広報委員会 2020年度 第15回:定例ミーティングを開催しました

日時:2020(令和2)年10月29日(木)19:30~21:00
場所:オンラインにて開催
出席:委員長   澤 朋宏 (愛知)
委員    山本慎太郎(東京)、安部 秀(神奈川)、川瀬政美(大阪)、張ハンビッ(京都)、山本浩介(兵庫)
参席:財務委員会より 出田行徳 委員(長野)
国際委員会より 大石千秋 委員(兵庫)
事務局 社会連携・広報部 木本、高野、深見

※本レポートは「速報」的にまとめたものであり、見難い点があることをご容赦ください。
 半年に一度、「委員会レポート」として詳細版をリリースの予定です。

議題
<報告等タスク共有>
・ワクワク自然体験あそび
・JCNEのベーシックガバナンスチェック
・ユニクロ衣料回収(高野)
・ドリームチーム更新
・全国大会見逃し配信
・ムビコンスポンサー状況および盛り上げ策
・その他社会連携関連諸進展
・スカウティング誌11月号編集状況
・カレンダー制作
・Earth Tribe推進タスクチーム
・DX Summit(10/31Sat.)
・女子スカウト・女性指導者に関する特別委員会
・韓国デジタルジャンボリー 開会式(10/15) YouTube配信開始
・野口さんHP
・支援窓口強化
・機関紙Web公開

<協議>
・2021年度事業計画
・組織内情報流通
・寄付月間&もったいない寄付
・スカシャカ 今後の方向性と次回開催予定

以下、議論の簡易報告

<報告等タスク共有> 

・ワクワク自然体験あそび
・事例紹介3件、取材&掲載済
・チラシが学校に配布できているところでは満員御礼相次ぐ
・TV局取材打診あり。「ボーイスカウトならではのコロナ禍におけるアクティビティ」とは。
・人を集めるだけでなく、どう広報して、BS運動が街にあることを広めるか?が肝要

・JCNEのベーシックガバナンスチェック審査結果?
まもなく結果届く予定。OKなら今後の助成に効果期待できる
→審査完了。良い結果が得られました。(11/6追記)

・ユニクロ衣料回収
進行中10月末まで 66こ団、 レポート
11末までに団からのレポートもらう計画:次年度の呼び水に
各団の報告を11月末までに提出を依頼する
1月に各団にユニクロから感謝カードが届く

・ドリチ更新県連発信(木本)
10/29県連発信、11/4HP要開設、過年度のメンバーに委嘱可否確認を進める

・全国大会見逃し配信の今後の活用
10/23 各委員長にレポートを送付済 Slackにて報告共有
公開バージョン制作進める
次年度大会でWeb開催ある場合に備える

・ムビコン盛り上げ策
委員編集の委員会動画公開
審査の流れ確認、進めていく

・その他社会連携関連諸進展
職員による実施状況報告

・スカウティング誌11月号完成配本スタート
すでに配送済み

・カレンダー制作着手
ボーイスカウトのイメージそのものを知っていただく制作企図。
→なるべく「ハット」を出そうと。
→挑戦、奉仕、野外活動、笑顔など・・・を前面に。

・Earth Tribe推進タスクチーム進捗
委嘱連絡あり。

・DX Summit(10/31Sat.) での共催事業「Webを活用した活動実例紹介」
5つの事例を発表予定

・女子スカウト・女性指導者に関する特別委員会
メールで委員Slack招待。そこでの話し合いが始まった。

・韓国デジタルジャンボリー→実施中
国際委員会執筆で、参加の様子をHPで紹介中
毎週1回記事掲載計画。東京、大阪、と回っていく。 5回掲載する

・野口聡一宇宙飛行士応援企画進捗
特設HP完成 ボーイスカウト・アンバサダー野口聡一宇宙飛行士3度目の宇宙へ! 
キャッチフレーズ「挑戦をやめない」を自分の挑戦に繋げてもらい、宣言を発信してもらう。 ハッシュタグでホームページ上に集約する。

・電子マネーとの連携
これまで寄付・募金には使えなかった。金融庁の確認中。
各団体との調整を進めているとのこと。今後、具体的な提案を貰える。
年内の整備を目指して作業を進行させる

・機関紙Web公開
事務局に各県連盟・地区などから届けられる機関紙を、Web上に公開してはどうか。
→年間どのくらいの量届いているかなどデータを確認

<検討・協議事項>

・2021年度事業計画・予算の策定について
11月のリアル会議でじっくりと検討する。
→「スカウトの日」「ともにすすもう」など、広報と社会との連携の双方の視点に立つ事業   の強化を。

・組織内情報流通の改善計画
「加盟員の隅々にまで、すばやく情報を届けたい」
「しかし、(自身にとっては)必要のない情報が多く届くのは逆効果」
・・この2点を両立させる方法を模索していく

・寄付月間への取り組み:もったいない寄付推進
☆時間切れのため、今後もSlackなども活用して議論を続けることに。
・日本に寄付の文化をどう伝える?
→これも助け合いである。
・相互扶助の意識付けから、「もったいない寄付」の周知促進へ
・時期は年末〜引っ越しある春まで?
・WOSMなどの手法の検討も必要
・ストーリー(その寄付が、どう役立つ?)がとても重要
・ローランド・フィリップスの「班長への手紙」にも

・スカシャカ
スカウトと社会をつなぐ場所(スカシャカ)・・企業経営者らをゲストに
スカシャカーようこそ、先輩・・・現場の最前線で活躍する方々をゲストに
という2ライン体制に移行へ。
次回は1月上旬〜中旬開催の予定。第一線で活躍する医師をゲストに迎える予定。

・支援サイト入り口改定
財務委員会との意見交換を急ぐよう。
お互いに意見を出し合っていく。
「より、しやすい寄付」とはなにか?

・その他情報提供
・ソニ―インタラクティブエンタテインメント連携
RS講師によるtoioプログラミングワークショップ
特別支援学級で実施。好評を得た。Toio ツールと大学生RSが教えてくれるのが良い
・Slackの名前の由来は「Searchable Log of All Conversation and Knowledge」
(全ての会話や知識の検索可能なログ)の頭文字から取ったもの