新型コロナウイルス感染への対応について(第6報:2020.4.17)

全国への「緊急事態宣言」発令を受けて

政府対策本部は昨日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、来月6日までの期間、対象地域を全国に拡大することを発表しました。さらに、これまで対象になっていた東京など7つの都府県に北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都の6道府県を加えた13都道府県を「特定警戒都道府県」とし、感染拡大防止の取り組みを重点的に進めることにしました。政府では、これまでの緊急事態宣言対象地域以外でもクラスターの発生や感染拡大傾向が続いていることを重く受けとめるとともに、特に感染拡大ペースの早い13都道府県ではより一層の対策強化が必要と捉えています。
スカウト活動が感染ルートとなったスカウト関係者の感染報告はありませんが、いつ・どこで罹患するとも限らない状況です。
これまでにお伝えしていた「第5報」での指針を改め、活動自粛レベルを一段引き上げることにいたします。
「外出を控える」「人との接触を8割減らす」という行動に努めて感染拡大を抑止するとともに、団・隊の中での連絡を維持することで絆を深め、【Scouting Never Stops】を合言葉に、集まらなくてもできる活動・日日の善行に努めましょう。
5月6日までと定めた現在の自粛期間も延長する可能性が考えられます。関係各位におかれましてはつらい日々が続きますが、どうぞご理解の上、ご協力をお願いいたします。

2020年4月17日

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟
理 事 長       奥島 孝康
日本連盟コミッショナー 福嶋 正己

1. 活動の自粛について<2020年4月17日現在>

全県連盟で、2020年5月6日(水)まで自粛(中止または延期)とします。
※すべての集会、会議の中止または延期をお願いします。

2. 運営上に必要な会議の開催について

自粛期間中は、運営上に必要な会議はオンラインなどの会議でご対応ください。
なお、オンラインでの会議開催を支援するため、Web会議環境を各団に無償で提供するプログラムを始めております。ぜひ、ご活用ください。

<日本連盟HP「Web会議環境の無償提供プログラム開始のお知らせ」>
https://www.scout.or.jp/member/distribute_g_suite_account/

3. スカウトの進級などについて

スカウトにとって進級が計画どおり進められないことがあると思います。スカウト個々の進級については、それぞれの団で認証のご判断を行っていただき、年度内で履修できず、 年度をまたいだ履修となっても認証するなどご対応ください。菊スカウト章、隼スカウト章については県連盟にご判断をお願いしますが、基本的には上記と同様の対応をお願いいたします。今後、長期化する場合は、この時期に行えない課目のための特別処置の検討を行っていきます。

4. この時期にご配慮いただきたいこと

活動ができない場合でも、各指導者におかれましては、スカウトたちを励ますようお願いします。また、この機会に個々の技能の練習をしてみるなど、スカウトたちに活動のヒントや誘いをいただくよう重ねてお願いいたします。日本連盟ホームページでも活動のヒントや関係サイトのリンクを掲載していますので、ご参照ください。加えて、各地の団での取り組みをSNSなどでご発信いただくことで、他の地域の団の指導者への励みとなります。創意工夫をご発信いただければ幸いです。

<日本連盟HP「新型コロナウイルスへの対応」>
https://www.scout.or.jp/member/summary_coronavirus/

5. 危機管理上の通信連絡

スカウト活動に関連した活動での感染もしくは感染が疑われるような自体があった場合は、関係者は各組織を通じた連絡(団→(地区)→県連盟→日本連盟)を速やかに行うよう、ご協力ください。
なお、感染が疑われる場合は、「帰国者・接触者相談センター」や「都道府県・保健所等」への相談や家庭内でご注意いただきたいこと(8つのポイント)への対応(厚生労働省ホームページ掲載)をお願いいたします。

6. その他

当連盟は、新型コロナウイルス感染への対応について、政府方針などを確認しながら、都度、情報を発信してまいります。

このページのPDF
関連投稿記事の「まとめ」へ